皆さまこんにちは。

組織デザイン研究所の小笠原でございます。


就職情報大手のリクルートキャリア

が1月31日に発表した調査で、

今春に就職予定の学生の

こんな意識が明らかになりました。


「自らの成長が期待できる」
が全体の47.1%で最も声が多く、
「福利厚生や手当が充実している」
「希望する地域で働ける」が続いてます。
新卒で入っても一生安泰ではない…
という学生が多く、自らの成長こそが
将来の安定につながると考える
学生が増えていることがうかがえます。
一方、「会社や業界の安定性がある」や
「年収が高い」は下位にとどまってます。

学生からは、
「セカンドキャリアを考えれば
会社の良しあしではなく
自分の成長が最も大事」
という声もあるそうです。

男子学生と女子学生では回答に差があり、

男子は決め手の1位が自らの成長なのに対し、

女子は「希望する地域で働ける」でした。


女子の方が高い項目は3つ

①勤務地が選べる

②会社・団体で働く人が自分に合っている

③働き方が充実している

今後の人事制度設計においても、

「選択型」がキーワードとなってきますね。

成長とストレスのどちらを優先するか?

という設問では、

「短期成長できるが、ストレスもかかる」

という回答は32.2%にとどまり、

「短期成長しにくいが、ストレスがかからない」

は67.8%に達しました。


成長志向を掲げながらも

ストレスを避けたいという

思いもうかがえます。


わがままですよね笑

わたし自身も昭和っ子なので

なかなか理解しがたいところが

あるのがホンネです。

こうした昭和の価値観をもった人を

「おっさん」というそうです。

"脱おっさん"できるかが課題です。

脱おっさんプロジェクトを企画してます!

お時間よろしければ是非!

関連記事

コンサルティング

人が仕事を選ぶのか 仕事が人を選ぶのか

コンサルティング

アフターコロナでのテレワーク

Noimage コンサルティング

経営コンサルチームの読書共有会を実施しました!

Noimage コンサルティング

新型コロナウィルスで働き方が変わる① ~withコロナ、afterコロナで企業が取り組むべきこと

Noimage コンサルティング

人事ゼミ第2回!!職制フレームと給与テーブル設計

Noimage コンサルティング

バリキャリは終わった⁈働くママ3.0へ

Noimage コンサルティング

ママの4月病対策

Noimage コンサルティング

副業・兼業を当たり前に①

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。