おはようございます、御堂筋税理士法人の高岡でございます。

大阪には会食の自粛要請がだされ、
私自身も、会社としても食事会は
すっかりなくなってしまいました。

今年は毎年恒例、事務所の忘年会もありません。
ビンゴに10大ニュースに、毎年の風物詩が寂しいものです。

そんな中、小単位での親睦を深めてもらうことを
目的として、会食の現金補助を検討されている
お会社もあるのではないでしょうか?

会社からの食事代って、福利厚生費?交際費?給与?
課税関係は一体どうなるのでしょうか。

①まず、昼食の給食などの取り扱いは以下のようになります。
 しかし、これは食事を現物支給した場合のみに適応されます。

●役員や使用人に支給する食事は、
 次の二つの要件をどちらも満たしていれば、給与として課税されません。

  1. 役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
  2. 会社負担の金額が1か月当たり3,500円以下であること

    https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2594.htm

    この場合は、従業員さんに所得税の負担はかかりません。

    ②現金を支給したとき
     現金で食事代の補助をする場合には、深夜勤務者に夜食の支給ができないために1食当たり300円以下の金額を支給する場合を除き、補助をする全額が給与として課税されます。

したがって、今回のような忘年会の食事代の補助を
行う場合は、従業員さんの給与課税の対象となってしまいます。

考え方としては、従業員さんに旅行券を渡した時に
課税対象となる理由に近いかと思います。

旅行券の支給が原則として課税対象となるのには
以下のような理由が国税庁より示されています。

「一般的に、旅行券は有効期限もなく、換金性もあり、実質的に金銭を支給したことと同様になりますので、原則として給与等として課税されます。」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2591_qa.htm

現金支給はそもそも課税対象ですが、なぜかと考えると
その手当分を、本当に忘年会費用に充てるかどうかは
わからない…という考えが背景にあるのでしょうね。

コロナ禍で企業も様々な方法を考えますが
例年と異なることには、何か税の落とし穴が
あるかもしれないので是非実施される前に
担当者までご相談ください。

関連記事

Noimage 税務

決算書の読み方について

Noimage 税務

振り返りの重要性

Noimage 税務

仕事納め

Noimage 税務

あくびの連鎖

Noimage 税務

7月決算のお客様

Noimage 税務

合格祈願のお墓参り

Noimage 税務

組織図

Noimage 税務

『良かったこと』探しと、行動を起こすまでのステップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。