皆さまこんにちは。

組織デザイン研究所の小笠原でございます。


今年も日本経済新聞社から

初任給ランキングが発表されました。

初任給トップは

不動産投資・開発を手がける

日本商業開発さまでした。


ここ数年ずっとトップを爆走中…


支給額はなんと50万円

さらに月10万円の住居費手当が付きます。


こちらの大阪支店は弊社と同フロア

社員さんを見る目が変わりますよね。笑

余談ですが、親友のご主人が
こちらで勤務されており、
話を聞いたことがあります。
飲み会等で帰りが遅くなった時は、
奥様への手土産にとマネージャー層から
高級寿司折が渡されるそうで…

奥様マネジメントも抜かりないですね。笑


この調査によると、

全国の上場企業・非上場企業

1309社の初任給平均は218,505円


皆さんのお会社はいかがでしょうか?

弊社でも5年ほど前に

採用競争力強化のために

初任給をググッとアップしました。


全国10位には入るほどに…(秘)

御堂筋税理士法人採用サイト

実際に反響はあり、

人材が集まってきたように感じております。

しかし、初任給が高いことで

人材確保ができるのは感覚的には2-3年…

やはり、入社してからの

働きがいや働きやすさの方が大事です。

ただ、採用難時代においては、

大企業の初任給水準を無視はできません。


大企業の同業種はもちろん、

中小企業の同業種や、

競合企業の初任給は

チェックしておきましょう。


初任給は新卒採用サイトを見れば

ほとんどのお会社か開示されています。


この辺りの情報が

初任給を決める要素になります。


給料は衛生要因…

安いと不満につながりますが、

高すぎるからといって満足へは繋がらない。

プリンストン大学’02年の研究によると

世帯年収が7万5,000ドル以下の人では

収入と「喜び」や「満足度」といった

プラスの感情は比例するのに対し、

それを超えると比例しなくなる…

稼げば稼ぐほど幸せになれるわけではない

ということが明らかにされてます。

7万5,000ドルは日本円で約800万円…

ベストハッピーラインが800万円なのです。

また、年収ということは

賞与を加味すると月収50万円

初任給22万円から50万円までの

賃金カーブを描けたら

メンバーの報酬面での満足感は

ある程度満たせるのではないでしょうか。

ブログ最後まで読んでくださり

ありがとうございました。


組織デザイン研究所の小笠原でした。


********************


組織デザイン研究所では、

働きやすさ×働きがい×生産性の

三位一体を実現する人事戦略構築を

お手伝いさせていただいております。


人事のお困りごとがあれば、

お声掛けくださいませ。

お問合せページへ

********************


関連記事

Noimage コンサルティング

エンゲージメントを自己診断してみる

コンサルティング

人が仕事を選ぶのか 仕事が人を選ぶのか

Noimage コンサルティング

大・院卒採用に困ったら

Noimage コンサルティング

人事ゼミ第2回!!職制フレームと給与テーブル設計

コンサルティング

スゴロクしてる?

Noimage コンサルティング

人事ゼミが始まりました

Noimage コンサルティング

名古屋 木の家№1工務店への道

Noimage コンサルティング

エンゲージメントを測定する

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。