昨日(5月21日)、大阪を含む関西圏でも「緊急事態宣言」が解除されました。

アフターコロナでの働き方はどうなっていくのか?どうしていくべきか?
について、いろいろ悩まれている方も多いのではないでしょうか?

緊急事態宣言下で一気に導入が拡がった「テレワーク」ですが、
アフターコロナでも引き続き続けていくべきです。

なぜなら、テレワークの働き方がうまくいくように運用することが、
日本で課題となっている「生産性向上」の解決につながっていくからです。

コミュニケーション、情報共有、指示・伝達、タスク、モチベーション
これらを遠隔な場所にいるメンバ間で、スムーズに行うことができれば、
自然と生産性も上がっていきます。

ここで、まずはテレワークの導入に必要なものはどんなものがあるか、
についておさらいしてみましょう。
下記の表は、テレワーク導入に「必要な項目」と「導入段階」について、
5つのステージに整理したものです。

(引用:ビジネス+IT)

みなさまの会社では、どのステージが当てはまりますか?
ちなみに弊社(御堂筋税理士法人)では、一部もっと進んでいるところも
ありますが、全体的にはステージ3になります。

テレワークをツールとして導入しただけ、の会社では、
下記のような声が聞かれます。

  • 生産性が上がらない(、逆に下がっている)
  • 社員がちゃんと働いているか分からない
  • (特に若手)分からないことがあって聞きたいが、聞けない
  • 仕事に集中できない、モチベーションが続かない

なぜこのような事が起こるのでしょうか?
それは

 「テレワークツールを導入する」=「どこでも仕事ができるようになる」

と考えているからではないでしょうか?

先述したように、スムーズに仕事を行うためには、
コミュニケーション、情報共有、指示・伝達、タスク、モチベーション
これら全てが遠隔にいるメンバ間で、適切に提供されている環境が必要です。

「電話をかけたが話し中でつながらない」
「承認をもらいたいが、出張中なので帰ってくるまで待たないと」
「仕事を振りたいが、横にいないと指示ができない(もらえない)」
といった、オフィス内で直接的なコミュニケーションが前提のやり方では
上手くいきません。

複数のメンバで、遠隔で仕事を進めるうえでの1つのポイントは、
「仕事の粒度を数日以内で完了できる程度に抑えること」
です。
そして、形式的な進捗報告よりも、実務的な情報交換を、
毎日同じ時間に小規模チームで開催することです。

仕事の依頼の仕方も、変えていく必要があります。
目的、内容、期限、どんなアウトプットイメージか、など、タスクとして
明確な形におとすことで、依頼する側・される側の双方に、共通の認識ができ
仕事の効率が上がります。

いかがでしょうか?
アフターコロナでもテレワークを続けていくべき、と感じられたでしょうか?

弊社では、そんなテレワークのお悩み事を相談する機会なども設けています。
https://www.management-facilitation.com/seminar/detail/220
※これは既に実施済みのものですが、今後も企画していきます。

働く場所にとらわれず、円滑なコミュニケーション・情報共有のもと、
仕事の生産性も向上する
働く方みなさんにとって、良いことしかないと思います。
ぜひ前向きな姿勢で、アフターコロナでのテレワークを進めていきましょう!

高原 直樹

関連記事

Noimage コンサルティング

テレワークで始める働き方開拓

Noimage コンサルティング

副業ってどうなん?

Noimage コンサルティング

内定者研修

Noimage コンサルティング

ママの4月病対策

Noimage コンサルティング

大・院卒採用に困ったら

コンサルティング

なんだか難しそうなコックピット

Noimage コンサルティング

エンゲージメントを測定する

Noimage コンサルティング

アジャイル人事って?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。