皆さまこんにちは。

組織デザイン研究所の小笠原でございます。


さっそくですが「いい福利厚生」とは?


人事制度設計においても、

クライアントからよくある相談です。


ここ最近で目立った企業の福利厚生事例です。


札束オリックス

社員の「自分磨き」を後押し

語学学習や資格取得、健康増進などに

取り組む社員に対して、年間で最大6万円補助


札束クレイジー

全社員を対象に「睡眠報酬制度」を導入

6時間以上の睡眠を1週間のうち5日以上

とった社員にポイントを付与

5日間達成で500ポイントでなど

100ポイント=100円としてオフィス内の

カフェや社員食堂で利用可能


札束イオンファンタジー

「褒め合いポイント」で良好な職場作りを

社員が褒め合うことでポイントがたまる

アプリを導入し、たまったポイントを

約1万種類の特典メニューと交換できる

といったように、ユニークな制度が
世の中にはたくさんあります。
制度内容や見せ方という視点で
個人的にベンチマークしているのは2社です。
札束サイバーエージェント
札束博報堂DYデジタル
サイバーエージェントはいつも目新しく
ユニークな制度を発表しています。
博報堂は目新しさはないですが、
見せ方がとても上手です。
博報堂けんぽもあるくらい…
これは勝てませんよね。

では、いい福利厚生とは何か?

内容がユニークだと良いのか?

私は「認知」と「使い勝手」だと思います。

いくらユニークでも

知られてなければ意味がない。

そして使われなければ意味がない。

まず、メンバーへの周知=認知活動です。

こちら弊社の福利厚生規定です。

いかがでしょうか?

少しワクワクしませんか?

福利厚生規定という形で文書化しても

伝わらなければ価値をなしません。

視覚化して、メンバーに対して

都度プレゼンテーションしましょう。

少ししつこいくらいがちょうど良いのです。

メンバーの家族も認知できるよう

リーフレットにするのもひとつです。

次に使い勝手です。

これは福利厚生制度の

活用状況を計測管理していきます。

簡単なExcelシートで良いのです。

縦軸にメンバー名、横軸に福利厚生制度名を

制度利用したら◯を入力していくイメージ

制度をうまく使えてないメンバーがいたら

上司が声かけするのも良いでしょう。

利用頻度の高い制度は磨きます。

低いものは見直すか無くすか検討します。

日々ブラッシュアップですね!

ちなみに弊社はエクシブの利用と旅費補助が

福利厚生規定としてあります。

年に一度の権利ですが、かつて
先輩から

「知世ちゃんも使って行っておいでよ」

と声をかけてもらえて嬉しかったものです。

特に入社して間もないメンバーは

遠慮して使えてないこともあります。

私は毎年確実に権利行使してます笑

いかがでしたでしょうか。
貴社の福利厚生規定は
どの程度活用されてますか?
一度考えてみましょう。

ブログ最後まで読んでくださり

ありがとうございました。


組織デザイン研究所の小笠原でした。

関連記事

コンサルティング

よい会社にするための効果的な会議セミナー「第二弾」

コンサルティング

オフィス改装しました!改めて考える、オフィスの重要性について。

Noimage コンサルティング

エンゲージメントを測定する

Noimage コンサルティング

リファラル採用を促進せよ

コンサルティング

タイムマネジメントのコツ

Noimage コンサルティング

内定者研修

コンサルティング

スゴロクしてる?

コンサルティング

アフターコロナでのテレワーク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。