決算書分析に強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の細谷です。

NHK講座 第4回 ルールの番人②の講師をしました。

今回は、スケジュール管理の一つ、
手形や小切手の決済、
そして書類の保存期間についてのお話が中心です。

小切手や手形は
現金になるまで思いのほか時間がかかります。
それを次の支払に回すつもりでいたら、
間に合わず・・・なんてことになったら大変。

そこで、小切手や手形が資金化されるまでの道のりについて
お話させていただきました。

みなさん、なんとなく資金化に少し時間がかかるのは
気づいていたものの、あまり意識したことがなかったようで、
預金通帳に期日通り記載されていないのは
そういうことだったのか・・・と納得されていました。

また、小切手と手形についての話ということだったので、
それぞれの記載要件についても説明させていただいたところ、
小切手の左上の二重線(線引小切手)の理由を
知らない方がほとんどで、少しビックリしました。

やはり、経理の方々は日々の仕事に追われて、
前任者がしていたことを、特に疑問を持つことなく、
そのまま引き継いで処理することが多いのですね

仕事の中に少しずつ疑問を持って、
それを解決しながら仕事をしたい!!と思っている方たちが
この講座を受けに来ているのが分かり、
とてもうれしくなりました。

この講座もあと2回です。

受講生のみなさんにもっと役立つ中身にしていきたいと思います。

決算書分析に強い 大阪 税理士法人小笠原事務所細谷でした。


関連記事

Noimage 税務

ハーフマラソンに向けて

Noimage 税務

自分を自分に売り込んで!

Noimage 税務

目標を設定する大切さ

Noimage 税務

インフルエンザ

Noimage 税務

経営価値観講座スタート

Noimage 税務

あなたの会社の会議は何点ですか?

Noimage 税務

働く人の心得研修

Noimage 税務

「当たり前のこと。」ではない当たり前。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。