おはようございます。

御堂筋税理士法人 松澤です。

 

 

今回は、「20代」をテーマに書きます。私は現在25歳で、

20代の折り返し時点にいます。

 

 

20代と30代に特別な境界線が

あるわけではありません。

 

ですが、ひとつの区切りとして、

20代でやっていて良かった

または、やっておけば良かった

ということがあることをよく聞きます。

 

 

20代について今まで聞いた中で一番印象に残っているのが

大学の教授からのお話です。それは、

「自分に与えるべき成長痛」があるということです。

 

二つの質問を投げられました。

「現在の課題において、楽しいこと、おもしろいこと、やりがいは何か?」

「現在の課題において、楽しくないこと、おもしろくないこと、不満は何か?」

 

人間は、プラス面よりマイナス面に目が行くものであると言われました。

 

「そのたくさんのマイナスを、一度全て自分のせいにしてみなさい。

自分との勝負は痛みを伴うものです。

それを必要条件だと解釈することで、

なりたい自分に会える可能性は広がるはずです。」

 

20代ですべきことは、結局、多少無理をしてでも

頑張ることなのだと。

その苦労は、成長のためのもので、

成長痛なのだと。

 

これから20代後半を生きることで起こる

様々な困難と向き合って、成長を感じて

頑張っていきたいと思います。

 

 

以上、御堂筋税理士法人 松澤でした。


関連記事

Noimage 税務

終日研修での勉強

Noimage 税務

第1回会計事務所甲子園を終了して

Noimage 税務

新建ハウジング三浦社長の講演をお聞きして

Noimage 税務

人事セミナー(第3回)

Noimage 税務

三菱UFJ大阪での女性経理担当者のワンランクアップ仕事術セミナー

Noimage 税務

ペーシング

Noimage 税務

金融機関とのお付き合い

Noimage 税務

検索No.1

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。