御堂筋税理士法人 山根です。

本日は先日読んだ雑誌の記事について

ご紹介したいと思います。
(ブログのタイトルが記事のタイトルです。) 

この記事は、セブン&アイホールディングスの会長である
鈴木敏文さんインタビューでプライベートブランド「セブンゴールド」
に関するものでした。

その中で、鈴木さんは7つの「売り続ける発想法」を
提案されていました。

1.「値段を下げて売る」のは× 「いいものを売る」のが○
  …モノ余りの現代においては、安さより質を求める顧客が
   増えている。

2.「ライバルに勝つ」のは× 「ライバルがいない」のが○
  …競争相手に負けない商品を作るという発想ではなく、
   どこにもない商品を作るという発想を持つ。

3.「上質または手軽な商品」は× 「上質かつ手軽な品」が○
  …上質さと手軽さはトレードオフの関係に見えるが、
   上質さと手軽さの二つの座標軸で考え、手つかずの
   「空白地帯」を見つけると、どこにもない商品が生まれる。

4.「ネクタイの役割は『首に巻く布』である」は× 「ネクタイ役割は『新しさ』である」が○
  …ネクタイの本質的な役割は「新しさ」にあり、
   顧客はそれを買おうとする。
 
5.「過去の経験をもとに考える」のは× 「未来から現在を逆算する」のが○
  …未来から現在を思い描くことで、顧客は次はどんな新しいものを求めるのか、
   潜在的ニーズを察知し、いち早く応えることができる。

6.「みんなもしているから」は× 「誰もしないから」が○
  …今の時代、挑戦せず、自ら変化しないほうが
   むしろリスクが高いと考えるべきである。

7.「全国制覇」は× 「地域で一番」が○
  …ドミナント戦略により、石垣のように基礎からきちっと積み上げていくからこそ、
   上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を堀り起こすことが出来る。

常に顧客の心理を読んで、一歩先の手を打つ。という鈴木さんの
根幹が見える考え方でした。
みなさんの発想のご参考になれば幸いです。


関連記事

Noimage 税務

NHK第5回講座 ~やっぱりお金の管理が重要!!~

Noimage 税務

成長するために

Noimage 税務

目標管理の重要性

Noimage 税務

いちご🍓ののってるとこがいい。

Noimage 税務

確定申告業務終盤

Noimage 税務

お客様に聞く

Noimage 税務

ある同業種団体での経営計画のお話し

Noimage 税務

お取引先のお会社様への出向について

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。