コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。

今日は、月末恒例の「小笠原流経営セミナー」を開催しました。
いつもは、小笠原が講師を務めさせていただいていますが、
今月は私が講師を務めさせていただきました。
テーマは『社員がやる気になる会議の進め方』です。

大前提として、企業内では大きく会議は二つに分けられる。
1.意思決定を行う会議
  名称は問わず、メンバー間で情報共有を行い、不確実な
 未来に向けてコミットメントした行動を意思決定する会議。
2.アイデアを創出する会議
  企業を取り巻く環境において、機会のみを追求して、
 新たなアイデアを創出する会議。
P.ドラッカー博士は、上記の二つの会議を別々に月に1回
行うことが企業管理のポイントだとおっしゃっている。

今回の会議の対象は、上記1『意思決定を行う会議』です。
その条件下で、次に求められる考え方は、
『ファシリテーション』
ファシリテーションの定義は、中立的な立場で、
チームのプロセスを管理し、チームワークを引き出し、
チームの成果が最大になるように支援する。

個人の力を1とすると、1+1=3にできる組織を
目指そうというわけです。
私もこの考え方には大賛成です。

さて、本日ご紹介したファシリテーションスキルは7つ!
1.準備
  アジェンダ→目的・ゴール、参加者・役割、進行予定、グラウンドルール
  資料準備、会場設営、根回し
2.雰囲気作り
  アイスブレーク→自己紹介などによる信頼関係づくり
  ウォーミングアップ→参加者の意識をテーマへ集中させる。
3.観察
  コミュニケーションと各自の参加度(エネルギー)の状態、
  しぐさ、目線、顔つきなど非言語メッセージから
4.傾聴と質問
  参加者の考えを引き出し、ほぐし、まとめ、明確化、共有化する。
  すなおに聴く、最後まで聴く。現状・目標・選択肢・意思決定について
  内容を深堀りをし、要約をうながし、助ける質問をする。
5.記録
  言動そのもの、発言内容をわかりやすく記録する。グラフィック
  ノートを取る感じで、要点・キーワードの列記→質問で内容検討→要約やまとめ、
  さまざまなフレームワーク活用し、議論を見える化する。
6.介入
  場のエネルギーを引き出す。ネガティブなエネルギーの処置、討論の活性化、
  方向性の維持、討論の質を高める、トラブル防止・対策、対立しているポイントは?
  合意しているポイントは?統合の条件は?
7.合意と要約
  決まったことを確認して、会議後に動機づけるスキル
  合意の基本はコンセンサスをめざす、5W1Hで。
  バックアップの決定法決まったことはなにか?
  誰が何をいつまでに?フォローは?
  参加者は合意事項に「やる気」になっているか?

最後に、皆さんの感想をシェアさせていただくと、
以外に多かったのが、準備のスキルのアジェンダつくり!
・時間配分をもっとメンバーのも意識してもらいたい。
・検討時間配分を変える
・討議の順番を変える⇒重要な討議がいつも時間切れ・・・

あとは、後ろ向きな発言についての取り扱いについて
質問を頂きましたので、私なら、まずグランドルールで
『否定的な発言は避けて、どのように改善するかの視点で発言する』
というルールを設けて、みんなで出来事に対する視点を変える
ことに心掛けてほしいとお話しをさせていただきました。

メンバー間のお話も盛り上がって終了時間が少し延長しましたが
拍手を頂きエンディングを迎えました。
意思決定がたくさん生まれる会議を実践して欲しいものです!
皆様、お疲れさまでした。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

海に行ってきました。

Noimage 税務

教育プログラム

Noimage 税務

内定者研修

Noimage 税務

お墓参りに行ってきました。

Noimage 税務

部下指導

Noimage 税務

工務店管理術道場第2回

Noimage 税務

大相撲

Noimage 税務

慰安旅行&コミュニケーション研修