コンサルティングに強い 税理士法人小笠原事務所 才木です。

今日は、朝から夜まで内容の濃い打合せが4件ありました。

まず、午前中は新規のお客様。
人材開発センターの教育プログラムにご関心を
寄せていただき、今日は4月から始まる来期の
計画にどのように活用していただけるかのご相談です。

過去の業績が厳しい時代のお話しを聞かせていただき
社長の今までの苦労の一端が垣間見れた気がしました。
今期の経常利益予測は、売上の3%だそうです。
流通業での3%は優秀ですね。しかし、来期は5%の
目標設定をされていました。これまた素晴らしい!!

さて、本題の人材育成の件で、質問を繰り返しながら
たどり着いた社長の結論は、
1.次世代リーダーの育成
 →リーダーシップ研修マネジメント大学院で体験学習  
2.営業部門のさらなる強化
 →PSSを使った社内共通言語化プロジェクトの立ち上げ
3.施工部門の本格立ち上げ
 →社長直轄でのプロジェクト運営
というような大筋合意ができました。

35歳という若さでこの実戦力!
是非一緒に取り組みさせていただきたいですね。

午後からは、弊社のプロモーション活動を
ある企画会社の社長さんにご相談。
今日は、私たちのやりたいことをお話しさせていただき
次回は、その実現イメージを一度検討いただき
プレゼンテーションしていただけるとのことで、とても
有意義な時間を過ごしました。
やはり、考えていることを言葉にするということを通じて
得れるものの大切さを痛感しました。

15時からは、毎月目標管理のお手伝いをさせていただいている
お客様の役員さんと中間チェック。
テーマの中心は、現在低迷中の営業所の再建プロジェクトに
ついてでした。販売会社なので、既存顧客売上の低迷の原因は、
1.既存顧客に対する当社のインストアシェアダウン
2.既存顧客自体の完全低迷
の二つしかありませんので、今月はその既存顧客に役員さんが
直接訪問して、その原因をさぐるということでした。
結論は、わが社のシェアが他社にとられているとのこと。

では、次にどのようにして改善してゆくのか?
現在できていない顧客フォローをどうするのか?

次のテーマは、営業マン個々人が
1.売上を本当に上げたいのか?
2.顧客とのコミュニケーションのやり方がわからないのか?
ということを確認することが大事だと言う結論になりました。
やり方がわからないのであれば、聞いてきてくれたらいいのに・・・・
しかし、そのまでして営業マンとして成果をあげることを望まないのなら
まずその姿勢について徹底議論すべきですね。

こうして会話のキャッチボールで行動は促進されます。
このお二人の実践力にも頭が下がります。

最後に、18時から3月決算のお客様の決算最終
予測と、来期計画の打ち合せ。

住宅販売会社のA社は、やや黒字でなんとか今期の
決算を過ごすことができ、来期の目標の数値の1/3
の受注残を持ってのスタートなので、今期の目標達成は
未達成に終わりそうですが、来期は明るい見通しです。

そこで、来期の課題についてお話を進めて行くと、
これまた『営業力強化』!とのこと。

そこで、PSSのご案内をさせていただくと、
『これ凄いな!勘の営業からの脱却が必要なねん。
それと、ちょうど来期がええねん!それは、去年入った
営業の新人がやっと自力で活動できるようになってきたので
そのときにみんなで取り組んだらおもろいな!』
と非常に積極的な姿勢でしたね。

やはり営業力強化はどの会社も重点課題
であることを最近は強く感じています。

9時過ぎに打ち合わせも終了し、
中華料理を一緒にいただき、本日の予定終了。

今日も内容の濃い1日でした。

コンサルティングに強い 税理士法人小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

報徳記(上)

Noimage 税務

経費削減の見える化

Noimage 税務

相手のフィードバックをしっかりと受け止める

Noimage 税務

ネットワーク

Noimage 税務

資源生産性革新計画」の第1号

Noimage 税務

ハーフマラソンに向けて

Noimage 税務

目標設定フォローミーティング

Noimage 税務

新しい出会い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。