コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 佐伯です。

みなさま部下の指導方法はどうされていますか??
先日、弊所主催のマネジメント実践講座の中で、
部下指導の方法について学びました

内容は、例えばベテラン社員Aさんと、その上司Bさんがいると
仮定しまして、Aさんは「業務」については昔から行っているので
Bさんは何も言わないでも仕事は順調に回っていきます
このBさんの部下指導のスタイルは「低関与、低指示」
つまりは、放置です。これはOKかと思われます
これに対して「営業」については、Aさんはまったくの素人
ですが、Bさんは営業に対しても「低関与、低指示」というスタイルを
とっていました。これは、NGです
Aさんは営業の仕方がわからないのですから、Bさんは「高関与、高指示」
つまりは、新入社員に教えるつもりで接しないといけないのです

ここで、お伝えさせていただきたい事は、
部下によって指導方法をかえるのではなく、
その部下の業務内容によって指導方法を
かえていかなくてはならないということです

コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 佐伯でした。


関連記事

Noimage 税務

ジュニア研修

Noimage 税務

工夫

Noimage 税務

雪国?!

Noimage 税務

目からうろこの決算書の見方講座 第3回

Noimage 税務

3月度終日研修

Noimage 税務

一足早い春の会席料理。

Noimage 税務

会計人の会合で事例発表をしてきました。

Noimage 税務

コスト削減の効果

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。