御堂筋税理士法人の山根です。

本日は、資料の視える化に取り組んだ
お客様での事例を紹介します。

そのお客様では、以前まで売掛金のエクセル資料がとても
分かりづらい状態でした。

請求額の合計と回収額の合計はすぐに把握できるのですが、
そこには銀行手数料も加味されておらず、
また入金が数か月遅れる得意先もあるので、
社長も「どこの数字を足し合わせたら残高になるのかよく分からない」
とお手上げの状態でした。

そこで、資料の作り直しを提案させていただき、
社長の業務を増やさないことを条件に
取り組みが始まりました。

まずは、社長にヒアリングをし、
当月分を当月に回収するものと翌月に回収するものとに
分け、何月分まで回収が終わっているのかすぐに
分かるようにしました。

また、手数料の金額も一目でわかるように
関数を組み、
最終的にその月の”請求額””回収金額””未回収額(売掛残)””支払手数料”
が表で一目でわかるようになりました。
(ただ多少複雑な関数を組んだので、少し容量が重くなってしまいました…笑)

それでも、金額を合わせる時間が大幅に減少し、
以前に比べ、正確かつ効率的に業務が行えるようになり、
お客様にも喜んでいただけました。

今後もさらなる効率化を目指して、
お客様の負担を軽くしていきたいと思います。


関連記事

Noimage 税務

子供の誕生日

Noimage 税務

会議中にがっつり握手!

Noimage 税務

日経新聞PLUS1「スピーチ・・・平気?」

Noimage 税務

自計化のサポート

Noimage 税務

ゲーム感覚でリーダーの特性を見てみよう!!

Noimage 税務

新規得意先開発必勝法

Noimage 税務

誕生日

Noimage 税務

事業の未来を考える

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。