コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。

 

最近感じていることですが、議論の見える化が非常に大事だと。

本山先生のおっしゃるファシリテーションの7つのスキルという切り口があります。

1.   ミーティング計画のスキル

2.   場つくり/ファウンデーションのスキル

3.   アクティブリスニングと質問のスキル

4.   記録のスキル

5.   観察のスキル

6.   介入のスキル

7.   要約まとめのスキル

4番目の記録のスキルです。

 

弊所に来所頂いたお客様との会話は基本的に

ホワイトボードに書きながらお互いが見える化しながら

議論を進めてゆきます。

 

「書いてみると関係性がわかりやすいですね」

「ぼやっとしていた情報がスッキリしますね」

等々の感想を頂きます。

 

しかし、お客様のところにお邪魔して、

ホワイトボードなしに、自分のノートに書き込みながら

議論を進めてもしっくりこないときがあります。

 

「お客様と情報が共有できていないな」

とふと気付くことがあります。

 

つまり、会話だけで情報を伝え合う方法と

図にしたり言葉の関係性を同じ映像でとらえて

会話することとでは、2倍の効果の違いがあると

メラビアンの法則が教えてくれます。

視覚による情報の伝達  55%

聴覚による情報の伝達  38%

言語による情報の伝達   7%<
/p>

 

会話だけ                38%+7%=45%

図を使いながらの会話  55%+38%+7%=100%

 

ということで、情報を見える化せずにコミュニケートしている

会社には、是非ホワイトボードの購入をお勧めします。

別に、ホワイトボードの営業マンではないですが・・・・。

 

効果的なコミュニケーションの方法だと確信しております。

 

 

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

Access難しい…

Noimage 税務

ファシリテーション研修

Noimage 税務

ママが働きやすい環境作りについて、私が思うこと

Noimage 税務

年始の仕事

Noimage 税務

博多での財務初級研修

Noimage 税務

経営のコックピットで気づくこと

Noimage 税務

方針発表会

Noimage 税務

将軍の日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。