大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木です。

今日は、工務店のお客様の会議に参加。。

『工事を行う会社では、工期を短縮すればいい!
そうすれば、工事の利益は上がるのだ!!』

ということは、良く耳にする話でありまして、
このお客様もその改善に取り組んでいます

私『なんで、工期が短くなると利益が上がるのですか?』

社長『そうですね。いろいろな要因があると思いますが、
   まず、商品代は変わりませんが、予算より早く仕上がる
   現場は、職人さんの手間代がなくなりますので、それが
   大きな要因ですね。
    だから、どれくらいの人工数(その工事に何人の人でで仕上げるか)
   で仕上げるかの目標が必要だと思いますね。。』

私『なるほど!当り前の話しですが、忙しい中できちんとその意識を持って
  現場に携わるって難しいですよね・・・・』

社長『でも、やらなければだめですよね
   また、実行してゆくと職人さんも集中して仕事をしてくれるので
   ミスも少なくなったような気がします。』

そこで、実際に現場監督のTさんに話しを向けてみると。。。。

私『Tさんは、実際にどのように管理しているのですか?』

Tさん『職人さんに何人工といっても通じないですよ!
    この現場は、何人で何日までに仕上げてとハッキリと伝えることが
    重要だと思います。
    出来栄えの要求水準と仕上げ日によって、
    職人魂に火がつくかつかないかが決まるのです』

社長『へ~~~。お前は、そんな風に職人さんに伝えてたんか
   初めて知ったわ
   良く、考えて落とし込んでくれてんな~~』

 

会社って、このように人から人への思いが伝わって、はじめて成果につながる!

そんなことを改めて教えていただきました。。

Tさんこれからもがんばって下さいね

 

大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木でした。
 


関連記事

Noimage 税務

ファシリテーション研修

Noimage 税務

コーチング研修に参加しました!

Noimage 税務

Googleカレンダー導入

Noimage 税務

予想を超える成功から学ぶ

Noimage 税務

会計事務所の生産性向上セミナー

Noimage 税務

ファシリテーション研修

Noimage 税務

遅い夏休み ~ No2 ~

Noimage 税務

経営理念のOJT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。