決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 扇原です。

先日、関与し始めたお客様の自計化のお手伝いをしてきました。

その会社は今まで前の税理士事務所に資料を送って、
帳簿などは全てその税理士の先生が作成していましたが
今期から弊社がお伺いすることになりました。

そこで、弊社としてはぜひともこの機会に自計化をお勧めしました。

というのも、社長が

「毎月どれくらい儲かったのかよくわからない」

「前月や前年と比較もできない」

「何故この数値になったのかわからない」

というようなことをおっしゃっていたからです。

やはり、自社で入力することによって

いつでも気になったらすぐに調べたりもできますし

タイムリーに業績の把握をすることが出来ます。

また、自社で入力し、内容を把握されているので

分析資料を作成したり、差異の比較を行ったりすることもできます。

社長にそのことをお話しすると、

「そうそう、今までよくわからなかったけど、

本当は分析とかしっかりやりたかったんですよ」

とのこと。

「自社で入力することによって、

社長のしたかったことも出来るようになりますよ」

と伝えると、とても嬉しそうにされていました。

ただもちろん、今まで全く自社で入力を行っていなかったので、

どうすればいいのかわからない部分も多いと思います。

そのためにも、入力作業の説明をしたり、

補助科目や仕訳辞書など便利な機能については導入サポートをしながら、

約半年を目標に完全に自計化できるように進めていきましょうとお話しました。

まずは、自計化のお手伝いをしながら、

徐々に資料の作成方法などについてもサポートしていきたいと思います。

決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 扇原でした。


関連記事

Noimage 税務

頻繁なチェックは効果あります。

Noimage 税務

スポーツジムに通い始めました!

Noimage 税務

同窓会

Noimage 税務

日経新聞PLUS1「スピーチ・・・平気?」

Noimage 税務

リーダーシップのある企業

Noimage 税務

連結納税の導入について

Noimage 税務

信頼関係が前提のコーチング

Noimage 税務

教育プログラム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。