コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木です。

今日はある会社の幹部社員の方々と今後、有効な幹部社員研修

をプログラムするために幹部社員全員でその内容を確認しました。

具体的には、

1. 今まで半年間実施してきたプログラムの振り返り

2. 会社が求める幹部社員とメンバーがなりたい幹部社員像の確認

3. 現在の問題点の確認

4. 上記1から3までを踏まえたこれからの幹部社員強化プログラムの洗い出し

というに流れで9時~18時までみっちり議論を重ねました。

最後はかけ足となってしまいましたが・・・
これはファシリテーターとして反省点です。
皆さん申し訳ございませんでした。

最後の皆さんの評価をお聞きすると

『何事も振り返ることが重要だと感じました』

『本当にあっという間の1日でした』

『今後の研修が楽しみです』

とありがたいお言葉をいただき、ホッとしました。

そして主催者側としてもとてもいい気づきをいただきました。

実は、最初の半年間の研修の振り返りセッションのときに

満足度1~6の6段階で評価をして頂きました。

すると6満点の方がお1人、5の評価の方が7人、

そして主催者であるトップの方が4という評価でした。

そして、研修の最後に

『上期の評価5が満点に至らなかった原因は何だったのでしょうか?

また、どのように工夫すれば全員が6の評価になる研修になるのでしょうか?』

とお聞きすると、

『学んだことを実践に落し込みできなかったので評価5にしました

具体的には、タイムマネジメントの実践です。

私たちが実践してもう一歩踏み込んで成果が出せれば6になると思います。』

『コーチング研修を受けてからコーチングの実践をしていますが、

的を射た質問ができません・・・・。だから評価を5にしました。

部下をやる気にさせて成果を出させれば6にできますね。』

この意見はとても参考になりました。

まず、実践に落し込めない研修は意味がない。

→必ず実践を担保していただき、次月そして数カ月は必ずサポートを行なうこと。

そして、実践だけしていても使いこなせるつまりその実践を通じて

成果をもたらすまでフォローしなければいけないということです。

成果を上げるための研修です。当たり前のことですが、

この振り返り研修で再認識させていただきました。

トップの方も

『できるまで、何度も何度も繰り返し

実践してもらわなければいけないと想います』

と心強い言葉!

【継続は力なり】

重要ですよね。

粘り強く実践して成果を一緒に出しましょう!

コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木でした。

関連記事

Noimage 税務

ドラッカーのコミュニケーションの定義

Noimage 税務

お邪魔しま~す!

Noimage 税務

プラスの言葉

Noimage 税務

検索No.1

Noimage 税務

人事評価制度を考える

Noimage 税務

卒業

Noimage 税務

自社株の保有割合について

Noimage 税務

リーダーシップ研修

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。