コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。

今日は、工務店のお客様のコンサルティング。
経営のコックピットの情報がトップの思い通りに
集約できずに困っておられた。

というのも、当社は平均の工期は5ヶ月で3月決算
までの決算予測がほぼできる状態の月に入ってきている
ので、トップの要求水準も高くなる。

上期は、そんなに忙しいという様子もなければ暇でもない。
そして、下期は現場が忙しくなると予測されるが利益予測が
思ったほどではない。何が原因なのかわからないとのこと。

そこで、工務や営業の持っている情報を集めながら、
下期に見込まれる現場の集中具合を手計算で進めた。
即席で作った経営のコックピットに対して、
トップは、「この情報が欲しいんです」と一言。

その主な情報から得たことは、9月~来年1月までは
上期のほぼ2倍に近い現場を管理しながら進めなければならない。
そのことによる外注依頼先の確保が急務であること。
そして、利益不足の原因は大型物件の見込みが目標通り進んでいないこと。

そしてトップは、
「実は、直感で3ヶ月前にこのような事態が予想され
緊急措置策を検討して、役員会に提出したのですが、
会長からリスクを冒してまですべきではないと却下されました。
私の直感は間違っていなかったんだ。しかし、この情報がなかった
ので、会長を説得したり、私自身が自信を持って意思決定できなかった。」
と当時を振り返って発言しました。

その通りです。
情報がなければ意思決定はできない!
そのための資料が経営のコックピットである。

コックピットの重要性を改めて知ったトップから
早急に自社のコックピットの見直しとメンバーが
作成できる情報整理も含めたコンサルティングの
オファーを頂きました。

「はい!喜んで!!」

トップ
「しかし、上期が終わる前に来期の数値のついて
このように幹部と議論できることは、進歩したと思います。
だって、今期についてもまだ半年ありますしね!」
とモヤモヤとしていた未来の不安が明確になり、その対策が
浮かんだ清々しさに満ちた顔で話してくれました。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

コンピテンシーを知る

Noimage 税務

幹部の仕事について真剣に考える1日(目的意識を共有する重要性について)

Noimage 税務

セミナー申し込み、満員御礼!

Noimage 税務

無料ビジネス

Noimage 税務

ビジネスメールコミュニケーション講座

Noimage 税務

健康診断

Noimage 税務

伝える事のむずかしさ

Noimage 税務

熱い経営計画合宿!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。