御堂筋税理士法人の才木です。

今日は、事務所経営会議の早朝会の日。
第270回目です。
12月は、11月の振り返りと12月行動予定のチェック
となりますが、弊社は12月決算ですので、最終業績
の最終予測の日でもあります。
毎月の業績予測の精度も高まり、大きな狂いもなく
決算を迎えられそうでホッとしているところです。

朝7時30分から13時までの早朝会。
そして、13時から社外取締役本山先生に入っていただき、
取締役会スタート!
来期の計画の重点課題について、ご説明をしながら、
アドバイスを頂き、ブラッシュアップ。
思考して、説明しそして意見を頂くというプロセスによって、
仮説の精度を上げていくこと重要だと再認識しました。

そして、14時から会計事務所甲子園のパンフレット記事の
取材に東京から広告会社の方々が4名来社くださいました。

初めての体験なので、何を情報提供したらいいのか、
右往左往しましたが、うまく導いて下さったので、なんとか
無事終了といった感じでしょうか?

その間に、15時~16時まで、マーケティング委員会と評して
弊社のマーケティング戦略の実行管理するミーティングを開催。
私たちのモットーである、まずは御堂筋税理士法人で実験して、
成功したノウハウをお客様に展開するというスタンスでの取り組み
なので、真剣に取り組んで成功に結び付けたい課題です。
今後の活動および成果に期待大です。

16時から再び会計事務所甲子園の取材に戻り、私たちの
取り組みのご説明そして写真撮影。
ちょっと、ふざけた写真も撮って頂いたので、パンフレットに
載るかどうかこれも乞うご期待!

17時になったので、お客様へ移動!
18時から流通業のお客様の営業所リーダー業績アップ
パワーミーティング!
4つの営業所の所長及びサポートメンバーに対して、
営業所業績予測及び顧客との取り組み内容チェックが
目的です。

チェック内容は以下の手順です。
1.目標値と予測値のかい離を確認する。
2.そのかい離を階層別に把握する
 (S、A、B、C、Dランク別に)
3.その階層別で増販可能な顧客はどこか?
 (購買力、インストアシェアの状況確認)
4.その作戦は何か?
5.翌月、翌々月の受注・見積もり情報の蓄積は?
このような手順で質問を進めて現状のかい離を明らかにし、
その分析情報に沿ったアクションプランを検討していきました。

1営業所1時間×4営業所で気が付けが、22時30分!
怒涛のごとく過ぎた4時間でした。

私の気づきは、やはり営業所長は、営業所の全体数字を
絶えず俯瞰して掴んでおかなければいけないということ。
ついつい、あのお客様のあの案件という個別事案や、
個別の打ち手に目が行きがちであるが、全体の目標達成の
ためには、その行動がどのような影響であるのかという因果関係
も含めて、限りある資源をどこに集中さすかの意思決定を
営業マンとコミュニケーションをとらなければいけないということに
行きつきます。

数字と行動、結果と原因という関係性を理解して、営業所内の
意思決定を行うことが重要ですね。


関連記事

Noimage 税務

事業の未来を考える

Noimage 税務

ドラッカーのコミュニケーションの定義

Noimage 税務

自分の人生と仕事のキャリアを振り返るワークショップ

Noimage 税務

会議のふりかえり

Noimage 税務

経理改善のお手伝い

Noimage 税務

ミルトンモデル

Noimage 税務

リーダーシップ研修

Noimage 税務

本気で作る経営計画策定実践セミナー最終講