コンサルティングに強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木です。

今日は、実戦営業塾の日でした。
前回新メンバー3名が加わり10名の
参加者の皆さんが、営業上の課題を
参加者メンバーで共有して、みんなで
自分の問題として、関わることによって
生まれる新たな気づきを明日以降の
実戦に活かすというプログラムです。

先月1ヶ月間で成果が出た人。
成果が出なかった人。
それぞれいらっしゃいましたが
皆さん真剣に取り組んでいるのが
報告からよく伝わります。

そんな皆さんへ、塾長の本山先生から
厳しいご指摘がありました。

参加者のSさんが、新規のクライアント
さんとの交渉での報告
Sさん『前回の取引は結構高かったとのことですので
    安い金額で提案しなければならないと思います。』

本山先生『高いっていくらですか?』

Sさん『あっ・・・。聞いていません・・・』

本山先生『話にならんね!営業マンたるものきちんとした情報を
      入手しなければ、そのお客さまにあった提案ができない
      ではないか!高いと言われたら、即おいくらですか?
      と条件反射せんか!』

とのこと。おっしゃっる通りです。
一言一言が本当に実戦的なトークです。
参加者は塾生です。塾長からの愛情あるご指摘です。

また、営業マンの心構えの話しでも

『次も売れる!次こそ売れる!と思って商談に臨みなさい!
また売れなかった・・・やっぱり売れなかった・・・と思うな!』

これは、先生の実体験で以前にある会社のトップセールスマン
とワーストワンのセールスマンにそれぞれ1日営業同行された
時の話をしてくださいました。

結論としては、両者とも先生が同行された1日は商談成立は
なかったのですが、トップセールスマンは、『次は、売れますから!』
という言葉を商談後の口癖でおっしゃっていたとのこと。

一方、売れない営業マンは、『やっぱり売れないでしょ・・・・』という
言葉が口癖だったようです。

お二人とも、営業スキルや商品知識はそんなに差がなっかとのこと。
つまり、商談に臨むその本人の心構えが非常に重要だとのことです。

これも非常に重要なことだと思いました。
私自身も営業マン。。
とても勉強になる1日でした。

決算分析に強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

またまた山へ行ってきました!

Noimage 税務

華麗なるサービス

Noimage 税務

目からうろこの決算書の見方講座 最終回

Noimage 税務

経営計画発表会に参加させていただきました!

Noimage 税務

リーダーシップ研修~コーチング編~

Noimage 税務

フェルメール展

Noimage 税務

なぜ走るのか?

Noimage 税務

決算書200%活用術

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。