決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 伊東です。

本日は私が講師を務めております
経理担当者セミナー」の第2回が開催されました。

本日のテーマは
「月次決算の省略可とチェック強化」です。

まずは前回のセミナーでの学びを一週間どのような形で
実務に活かしていただいているかを発表していただきました。

すると
「マニュアル作成や業務の標準化を始めました」
「銀行口座管理の改善提案をしました」
「セミナーで説明のあった管理表を作成する予定です」

など皆様前回のセミナーでの学びを早くも
実務に活かしていただいている様子。
私自身とても嬉しい気持ちになりました。

皆様の発表が終わり
午前中は仕入照合のポイントを確認していきました。

ここでのポイントは
自社の発注記録に基づいたチェックです。
具体的な流れとしては以下の3つとなります。
1.納品時の納品書と現品のチェック
2.納品書と自社の発注記録をチェック
3.2完了後の納品書合計と請求書合計のチェック

参加者の皆様の会社の照合状況を確認すると
プロセス2のチェックが抜けているとのこと。

皆様のお会社で明日以降、実践提案をしていただけるとのことなので
次回の実践状況の報告が楽しみです。

午後からは月次決算について
・正確性
・早期化
のためのポイントと
作成した試算表を効果的に活かすための
試算表の見方、経営のものさしについて
解説をした後、ワークをしていただきました。

最後に本日の気づきを発表していただいたところ
「月次決算の早期・正確化のために本日の実践内容を取り入れていきたいです」
「もうけの方程式を使って数字を捉えることで、自社のもうけの構造が良くわかりました」
などの意見が挙がりました。

次回の最終回のテーマは
資金繰り業務についてです。

しっかり準備をして臨みたいと思います。

決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 伊東でした。


関連記事

Noimage 税務

ママが働きやすい環境作りについて、私が思うこと

Noimage 税務

再会

Noimage 税務

会計事務所の業務

Noimage 税務

無管理状態からの脱却

Noimage 税務

新しいプロジェクトのスタート

Noimage 税務

自転車を止めてしまったメニュー!

Noimage 税務

会計事務所甲子園

Noimage 税務

リーダーシップ研修

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。