コンサルティングに強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木です。

今日は、終日あるお客様の税務調査でした。
毎月、巡回監査をさせていただいている
お客様については、税理士法第33条の2の書面添付制度
を利用して、できるだけ税務調査省略を目指していますが、
このお客様は、基本的には年一度決算時の
税務申告のお手伝いをさせていただいている
お客様ですので、税務署の依頼で自然と税務調査と
なりました。

税務調査は、私にとってとても勉強の場となっています。

一つは、税務調査官の依頼事項や質問の意図を推察する
訓練の場としてとても勉強になります。

『あの資料を見せてください。そしてこの数字の算定基礎
資料をあわせて見せてください』
とおっしゃると、在庫の計上漏れチェックだなあとか、
源泉所得税の経済的利益の課税漏れのチェックだなあとか、
いろんな調査官の調査方法を観察するととても勉強になります。

もう一つは、その調査官の今までの得意分野をお聞きして、
その課税判断のいわゆるグレーゾーンでの実体験を教えて
もらいます。これも毎回、事例の積み重ねでとても参考になります。
今日は、資産税の調査経験の豊富な調査官でしたので、
相続税・贈与税の調査での実体験を聞かせていただき、
とても興味深い見解をお聞きすることができました。

ほぼ、毎日税務調査しておられるベテラン調査官から比べると
会計事務所職員の調査経験回数は絶対に少ないですよね。
そりゃ、学ぶことは多いはずです

その情報を、申告是認に是非活かしたいと
改めて感じた1日でした。

コンサルティングに強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

お食い初め

Noimage 税務

経費の意識

Noimage 税務

「モノへの挨拶」「自然への挨拶」

Noimage 税務

人生のキーワード

Noimage 税務

将軍の日

Noimage 税務

CFO(最高財務責任者)の育成講座

Noimage 税務

名古屋経営者二代目大学in大阪

Noimage 税務

コッタ―教授の書籍

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。