御堂筋税理士法人松本です。

先日、相続の個別相談会にて相談を承る機会がありました。

相続税については、改正により平成27年1月より
基礎控除額の減額による課税対象者の拡大、
相続税の最高税率UPによる税負担の増加、
と納税者にとっては、自身への影響が気になるところかと思います。

今回の相談内容は、さまざまでしたが・・・
■相続税についての意識は高く、
ご自身の財産も毎年棚卸し相続税の試算もされているが、
相続税の節税対策については、なかなか踏み出せない。
一般的な相続税対策について、メリットとデメリツトを把握したうえですすめていきたい。

■相続税の節税対策もさることながら、争続を避けるため、
遺留分を考慮した上で遺言書を作成したい。
法的に問題のない遺言書の書き方を知りたい。

■子供がいないので、
相続についてどのような選択肢があるのか。
遺言書を作成した方がよいのか。

■相続人が共有で相続した不動産について、
相続人全員の合意がなく処分できず困っている

ご相談を受けて感じたことは、
相続については、相続税の節税対策はもちろんですが、
・財産をどのように分けるか
・財産の分け方でもめないためにはどうすればよいか
・もめるくらいなら寄付した方がよいのか
と、税金が安くなることより優先して
争続対策をみなさん意識されているということでした。

相続財産に占める不動産の割合が高い場合には、
納税資金の調達の視点からも
相続後に共有物件として相続することを避けるという観点からも
相続発生前に処分して現金化しておく、
有効活用のための買換えを検討するという
選択肢を考えておくことが重要です。

相続についてお話する機会があるといつも思うのですが
相続対策については、
相続税の試算の結果、
相続税対策を実行するかしないか
財産分割の方法を考えた結果、
遺言を書くかかかないか
は次の問題として、
相続対策について考えておくことのデメリットはないと思います。


関連記事

Noimage 税務

人材開発制度構築ゼミナール

Noimage 税務

本の紹介『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』

Noimage 税務

本気で作る経営計画策定実践セミナー第5回

Noimage 税務

パワーをもらいに!

Noimage 税務

紹介戦略セミナー

Noimage 税務

ほぼカエルです。

Noimage 税務

仕事の効率化

Noimage 税務

入ってますか?小規模企業共済

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。