コンサルティングに強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の松本です。

今日は、あるオーナー企業様にて
会長様・社長様と
相続方針についてお打ち合わせさせて頂きました。

相続方針については、
何年か前に大きな枠組みを考え
毎年それに基づきすすめていました。

しかし、今回、あらためて見直す機会をとることになりました。

その理由ですが・・・
■相続税の改正をふまえ、再度試算する必要がでてきたこと
■後継者となるご子息、そのご兄弟が結婚する年代になり、家族の状況が変化したこと
■被相続人の所有する資産状況が変化してきていること
■相続人の所有する資産状況が変化してきていること

私からは、相続税の節税対策のみを考えた場合
の有利な方向性は提示させて頂いた上で、
会長様・社長様の思いをお聞きし、
質問させて頂きながら
新たな相続方針を探っていくことができました。

会長様と社長様が
一歩踏み込んだところで
相続について、会社の今後の方針について
お互いの思いをお話されているように感じ、
有効な時間であったのではないかと思いました。

最後に
「この方向性で、分割方針については、
もう少し具体的なところまで考えておきたい」
とのことでしたので、今後引き続きお手伝いさせて頂きたいと思います。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の松本でした。


関連記事

Noimage 税務

10月の『将軍の日』

Noimage 税務

NHKデビュー

Noimage 税務

父の日

Noimage 税務

NHK講座が始まりました

Noimage 税務

目が点になる鍋。

Noimage 税務

時間管理

Noimage 税務

大学の授業

Noimage 税務

思いに沿った株式対策を実行するには・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。