コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木です。

 

今日の午前中は、製造業のお客様の経営会議に参加。

毎月の業績確認と行動確認そして連絡事項の共有の

3つが大きな討議内容です。

 

特に時間を割くのは行動確認。

使用ツールは『目標管理シート』です。

半年後の達成したい状態をゴールと設定して、

そのゴールにいたる各ステップを分解し、そしてスケジュール化し

実行・振返りながら軌道修正して目標達成を支援するツールです。

 

このお会社でも幹部メンバーはトライして3年目です。

その幹部メンバーから新人幹部メンバーへのアドバイスが

とても興味深かったのでご紹介したいと思います。

 

H君の目標管理シートは、各ステップが明確になっていないね。

ゴールは明確だけど、そこにたどり着く工程が見えないし、展開図も見えない。

これは、我社の社員全員に言えることだと思う。

我々は、製作物のプロとしてお客様に造ってほしいという要望を理解して、

完成イメージを提示し、図面に展開して工程を組んで納期を確認する。

そして納品して、満足して頂いている。この仕事はできているよね。

 

しかし、この目標管理シート上での各部署の達成イメージを明確にする

ところまではいいが、図面に展開するところそして工程を組むことつまり

6ヶ月のスケジュール化するところが弱いよね・・・・。

だから、その展開図はもう一度しっかりと考えてほうがいいよ!』

 

そこで、社長が一言

『この目標管理シートで行動管理するということは、マネジメントの訓練の一環です。

ここのメンバーはマネージャーですので、この作業を繰り返し、繰り返し実行して訓練

し続けることが重要です。達成するまで、やり続けましょう。』

 

 

なるほど、わかりやすい例え話しでした。

 

ものづくり        課題達成

1.  完成図    →   達成イメージ

2.  図 面    →   達成ステップ

3.工程表    →    各ステップのスケジュール化

 

このように、実行してチェックするというサイクルと

構造面からチェックするという切り口がでるということは

ダブルループ学習ができているということですね。

素晴らしい!

 

わかりやすい例え話しをしてくれたMマネージャーありがとうございました。

 

コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

経営のコックピットは経営者の心を動かす

Noimage 税務

脳のアイドリング!!

Noimage 税務

交流会参加

Noimage 税務

はじめまして!

Noimage 税務

新しいプロジェクトのスタート

Noimage 税務

個人情報

Noimage 税務

同窓会

Noimage 税務

忘年会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。