コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 香取です。

先日目標についての重要性についてお話いたしました。

現在地を把握し(ゴール)目標を目指すことで着実に最終ゴールまで辿り着いていけます。

それは車のカーナビをイメージしていただけるとわかると思います。

次に目標を明確にするためにどのようにしたらいいのでしょうか。

それは自分自身が決めた目標をアウトプットすることが重要です。

・目標について誰かに話していますか?

目標を人に話すことで自分自身を追い込むことができます。もし目標を自分のなかにだけしまっていると、「まぁーいっか」となってしまう可能性がありますよね。

そんなときにコーチがいれば以下のような質問をきっとしてくれるはずです。

・目標の具体的な状態はどんな状態ですか?
・目標を手にしたら何が手に入りますか?
・目標を手にしたとき周囲の人はどのような声をかけてくれますか?
など

さまざまな角度から質問がどんできてきっと目標が明確になるでしょう。

もし目標について明確になったのであれば是非担当者に「目標を決めたので、毎月管理してくださいね」と声をかけてみてください。

コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 香取でした。


関連記事

Noimage 税務

ドラッカーの抄訳マネジメント

Noimage 税務

明日からリーダーシップ研修第2弾開始!

Noimage 税務

経理の仕組み作り

Noimage 税務

実行計画の優先順位と、さまざまな視点でのマーケティングを!!

Noimage 税務

コスト削減の効果

Noimage 税務

毎年進化する経営計画

Noimage 税務

事務所主催セミナー

Noimage 税務

いい本に出会いました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。