決算分析に強い御堂筋税理士法人 納谷です。

 

先日、弊社にて「法務知識を学ぶコース」のセミナーがありました。

外部より弁護士を含む講師の方々を招いて、法務の知識を学習するセミナーです。

 

過去の事例をグループでディスカッションし、少人数制であるため

気軽に弁護士の先生に確認することができます。

身近な事例であるためグループディスカッションも盛り上がりました。

 

最初のディスカッションで、法人・個人の財産関する線引きについて

事例をもとに話し合いました。

我々のグループで全員が間違えてしまった事例が、ある会社の株式を

60%保有している社長が会社の資金で私物を購入した際には、

会社の財産を横領したことになるということです。

50%以上の株式を保有している場合は、会社を支配しているため、

認められると考えておりました。

実際は問題にならないことが多いが、法律上は横領したことになるようです。

 

契約書についてのディスカッションもありました。

企業間の契約書には通常企業の名称・所在地・代表取締役の名前が

記載されており、社印の捺印があります。

しかし、社印の代わりに代表取締役の個人印が捺印されていた場合は

どうなるでしょう。

この場合は問題にはなりうるが、直ちに無効とはいえないとのことでした。

印鑑は意思を確認する手段に過ぎないものであるためです。

 

このようにセミナーではディスカッションする時間があり、

また、説明の際には講師の方のフォローもあり、参加者の方々も

満足してくださいました。

 

セミナーの最後には質問時間をもうけていただき、

セミナー内容に関する質問のほか、個人的な質問もきいてくださり、

セミナーの終了時間を過ぎても参加者の方々は弁護士の先生方と話しを

しておられました。

 

8月は債権回収について学習する予定です。

毎月内容が異なり、スポット参加もできる内容となっております。

次回のセミナーが楽しみです。

ご興味のある方は我々と一緒に参加されませんか。

 

決算分析に強い御堂筋税理士法人 納谷でした。


関連記事

Noimage 税務

本のご紹介

Noimage 税務

本日の早朝会!

Noimage 税務

学生向けグループワーク

Noimage 税務

資源生産性革新計画」の第1号

Noimage 税務

経営計画推進の変化

Noimage 税務

ミルトンモデル

Noimage 税務

健康診断

Noimage 税務

決算書200%活用術

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。