コンサルティングに強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 澤田です。

とある飲食店を経営されているお客様のところへ伺ったときのお話です。

1月に入ってから急に売上が落ちたというお話を聞きました。
来客数が急に減ったのだそうです。

その原因は、
1:近くにあった大きな企業の場所が移転したこと
2:近くにあったIT系の企業が年末に倒産したこと
の2点でした

企業の倒産は、仕入先・販売先など直接取引がある先だけでなく、
近隣の飲食店などにも大きな影響を与えるのだな、と改めて思いました。

個人を相手にしている商売は、
「来客数×客単価」が売上を決めます。
来客数が減ってしまったままにならないよう、
今後は、来客数UP、客単価UPなど対策を考えていきたいと思います

コンサルティングに強い 大阪 税理士 小笠原/河原事務所 澤田でした。

関連記事

Noimage 税務

変化を起こすときは大きな変化を

Noimage 税務

最近読んだ本のご紹介『生き方 人間として一番大切なこと』

Noimage 税務

営業マンとの営業同行

Noimage 税務

御堂筋税理士法人に新しい風が吹く!

Noimage 税務

3月度終日研修

Noimage 税務

4ヶ月

Noimage 税務

小売業の極意

Noimage 税務

新入社員No1研修 ~ 先輩社員準備編1日目 ~