御堂筋税理士法人の山根です。

さて、前回クラウド会計について
ご紹介させて頂きました。

その中で、入力時間が
7時間→3.5時間に削減(チェック時間含む)
した事例をご紹介したのですが、どのようにして半分の時間に
することができたのかその詳細を説明していきたいと思います。

まず、私が導入した先の会社概要ですが、
業種が工務店、売上規模が3億円のお会社です。

毎月の入力時間(7時間)のうち
現金が絡む処理に0.5時間、
預金が絡む仕訳に4.5時間
そのほかの仕訳に1時間
最終チェックに1時間といった内訳でした。
入力にほとんど丸一日使ってしまいますね。。

それがクラウド導入後には、

①現金仕訳0.25時間  →  50%短縮!
②預金仕訳1.75時間  →  60%短縮!
そのほか仕訳1時間
③チェック時間0.5時間 →  50%短縮!

となりました。半日で行えるようになりました!
やはり自動仕訳の威力は、すさまじいですね。

おもな理由としては、
①現金仕訳
 →読込み用のフォーマットを活用したことにより
 現金出納帳の仕訳を自動読み込みが可能に!!

②預金仕訳
 →口座の自動読み込みによる大幅短縮はもちろん
 仕訳記憶機能によりさらに省力化!!

③チェック時間
 →仕訳のほとんどが自動仕訳化できたことによる
 ヒューマンエラーの削減!!

が挙げられます。

やはり時代はクラウドなのですね。。
ブログを書いていて
改めて実感いたしました(笑)

導入を考えておられる方がいましたら
ご遠慮なくご連絡ください。

関連記事

Noimage 税務

香川でのファシリテーション1日研修

Noimage 税務

事業承継勉強会参加

Noimage 税務

マネジメント実践講座 最終講

Noimage 税務

確定申告

Noimage 税務

財務に強い経営者

Noimage 税務

「過去最高の受注実績を作る受注力アップ研修」第4回

Noimage 税務

NHKデビュー

Noimage 税務

「信頼される社員になるための基準行動講座」第1回

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。