コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 
アンテナが立つとそこから意識が始まるなーとつくづく思う香取です。

起業に失敗する最大の理由は、

1、「起業によって何を成し遂げたいか」というビジョンが
明確でない。
2、「何があっても成し遂げる」というパッションが足りない
だそうです。

企業の資源である、「人、モノ、金」が乏しいベンチャー企業にとっての
最大の資産は事業に賭ける誰にも負けない思い(パッション)以外に
ありえない。

元アメリカ大統領ビルクリントンや故ダイアナ元妃など多数のリーダー
をクライアントにもっていたプロコーチのアンソニーロビンズは、
「情熱こそが天才を生む」と言っています。

では、情熱だけで企業は成功するのか?

否である。

企業を
0から1に育てるまでは、パッションが重要であるが、
1まで育ててきた企業を成長させるためには、
経営戦略が非常に重要である。

「どのような商品を、どのような市場で、、どのような売り方をするのか」
など
経営戦略を明確にしなければならないポイントが数多くある。

パッション(経営理念)→経営戦略→社員、その他利害関係者に思いを
伝え共有するために、熱い想いを文書化しロジカルに考えた
経営戦略がまとめられている経営計画書を作成することが
とても重要なんだと改めて実感した。

最近何冊か本を読んで感じたことです。

情熱だけでも、経営戦略だけでも経営はうまくいかない
この両輪がぐるぐる回りだして成長軌道に乗って行くのだろう。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 
アンテナの話を書こうとおもっていましたが、
書いている途中思考変換してしまった香取でした。

だから次のBlogで書きます。


関連記事

Noimage 税務

利益感度分析を追加しました。

Noimage 税務

10人のうち7人が目標達成!

Noimage 税務

プレゼンテーションスキル

Noimage 税務

明けまして

Noimage 税務

ロープレの大切さ

Noimage 税務

新体制での爆発的なエネルギーを感じたキックオフミーティング

Noimage 税務

キックオフミーティング

Noimage 税務

中小企業がフィンテックにどう向き合うのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。