コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木です。

 

今日は、月一度の所内早朝会の日。

そして午後から経営エンジン研究所の取締役会と

そのあと本山さんとお客様のところへ同行させていただきました。

 

本山さんの話しになぜ引き込まれるのか?

ということについて考えながら午後の時間を過ごしました。

 

まだぼんやりとしか理解していませんが、

私が感じたことは、メンバーの同じ目線でというか

同じレベルで、同じ問題意識で対話しておられるということ。

 

そのレベル合わせを的確な質問や推察による指摘により

常に確認されていることに気付いたような・・・。

クライアントからは、

『そうそう!そうなんです!』

『なぜわかるのですか?』

という言葉が連発します。

 

そのあと、目標や達成イメージを可視化して

現在とのギャップを明確にされているということ。

数字だけではなく、そのクライアントにあった
イメージを共有して明確にされます。
 

これってコーチングのGROWモデル

現実とゴールについてのアプローチと全く同じです。

 

その現実とゴールのギャップの

扱いがとても上手です。

 

つまり、解決策の情報提供をしたり、

クライアントに気付かせたり。

 

今日は、半日行動を一緒にさせていただき

またひとつ私の次の課題が明確になりました。

 

気付いたら次は、実践ですね。
実践して成長しよう。


コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

幹部の仕事について真剣に考える1日(目的意識を共有する重要性について)

Noimage 税務

伝える大切さ。

Noimage 税務

構造化

Noimage 税務

確定申告

Noimage 税務

収納による生産性UP!!

Noimage 税務

相続税セミナー

Noimage 税務

債権管理は営業力アップ!

Noimage 税務

ものの見方・考え方の4回目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。