御堂筋税理士法人の山根です。

先日、私が参加させて頂いている
経営者育成塾にて興味深い話がありましたので、
ご紹介させて頂きます。

この塾では、毎月ローテーションで
塾生のお会社の悩みをみんなで議論しています。

今回のお会社は、さまざまな事業をされ、
大きく分けて3つの部門をされていらっしゃいました。

その中で、現状としては、売上の比率が
ほとんど均等に3分割されており、

現社長は、今後一つの事業に特化していきたいと
考えていらっしゃるのですが、どのように
意思決定していったらよいのか分からないとのこと。

「売上は均等ですが、粗利の比率は
どのようになっているのですか?」

「顧客の分析はされているのですか?」

と議論が活性化していく中で、
社長様は、「まだまだ現状分析が
甘かったようです。さっそく見てみます!」

とするべきことが見つかり、
晴れやかな気持ちになられたようでした。

ドラッカーは「マネジメント」の中で、
意思決定=問題解決だといっています。

その手順としては、
①意見(≒目標)からのスタート

②情報収集

③代替案の案出

④決定(or非決定)

⑤具体性の決定

⑥フィードバック、結果のダメ出し

となっております。
今回のケースだとまずは、どの事業に特化するか決め、
情報として現状の分析を行うといった形になるかと思います。

やはり、現状を分析することは
全ての始まりになるのですね。

皆さんが意思決定される際も、
この手順を意識されてはいかがでしょうか。

御堂筋税理士法人の山根でした。


関連記事

Noimage 税務

節分の日

Noimage 税務

ビジネスコーチングセミナー

Noimage 税務

コーチング研修2日目終了!

Noimage 税務

リーダーシップ研修

Noimage 税務

目からうろこの決算書の見方講座 第3回

Noimage 税務

工場経営研究会 第一回

Noimage 税務

決算前チェックリストの活用提案

Noimage 税務

早朝会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。