みなさん、こんにちは!
御堂筋税理士法人の神﨑でございます。

今回は、ある工務店さんでの事前確定届出給与の活用事例について
ご紹介させていただきます。

そこの工務店さんはリフォームがメインの工務店さんで、
新築は年に1件ほどですが、来期は5件の新築売上が確定しております。
利益ベースで2000万円ほど増益となる見込みです。

そこで私は役員報酬の増額と事前確定届出給与の活用を
社長に提案させていただきました。

最初は、気が進まない様子の社長でしたが、
来期の見込み売上から利益とおおよその納税額を報告・共有させていただきますと、
ぜひお願いしますとおっしゃっていただけました。

上記のように新築の現場は契約から売上計上までの期間が長く、
期を跨ぐことも多いです。
よって現状から来期の売り上げの予測も立てやすく、
対策も早く打てることになります。

事前確定届出給与の提出期限は、事業年度開始から3ヵ月ほどです。

以上から考えますと、事前確定届出給与を工務店で活用することは、
非常に有用な手段であること言えます。

大きな増益を見込んでいる工務店さんは、
ぜひ活用してみてください。

御堂筋税理士法人の神﨑でした。


関連記事

Noimage 税務

予定作成の重要性について

Noimage 税務

ボトルネック

Noimage 税務

資格の勉強

Noimage 税務

TKC税務情報研修

Noimage 税務

3月度終日研修

Noimage 税務

確定申告の時期が近づいております。

Noimage 税務

建材問屋さんお客様向け講演会

Noimage 税務

来客数

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。