コンサルティングに強い 大阪 御堂筋税理士法人 山根です。

先日、大阪府工業協会主催の研修に
参加してきました。

テーマは「生産リードタイムの短縮」でした。

一概に生産リードタイムといっても
様々な部門(開発・設計、生産準備、調達、製造等)に
でそれぞれの現象やそれを引き起こす原因があります。

その中でも、今回の研修では、
調達リードタイムの短縮と製造リードタイムの短縮
について学びました。

調達リードタイムについては、
・検収待ちの部品が多い
・古い日付の部品がある
・時間を決めた供給が実施されていない
・部材の管理がされていない

といった現象が起きます。

そして、その大きな要因として
納期設定・発注時期を担当者任せに
なってしまっていることがあげられます。

それを改善するためには
調達リードタイムを変更・管理する担当者や
更新時期や見直し時期を設定するなど、
発注担当者が個人で判断できない仕組みを
つくることが必要となってきます。

また、製造リードタイムについては、
・停止している機械が多い
・作業者の移動・歩行が多い
・生産計画が変更される

という現象が起きます。それは、
工程間の生産能力がアンバランスなことや
生産計画の精度が低いことなどがあげられます。

その改善方法には、
製造リードタイムを時間単位・分単位で設定し、
できるだけ工程を統合したり、
もっとも長い停滞時間を調査することなどが
挙げられます。

今後も様々な研修に参加して、お客様に
有益な情報提供ができるよう努めて参ります。

コンサルティングに強い 大阪 御堂筋税理士法人 山根でした。 


関連記事

Noimage 税務

投票してきました。

Noimage 税務

経営計画発表会

Noimage 税務

今日の一日

Noimage 税務

リーダーシップ研修 第7クール

Noimage 税務

縁の下の力持ち!

Noimage 税務

授戒を体験しに!

Noimage 税務

妖怪から学ぶこと

Noimage 税務

大阪歓業展1日目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。