御堂筋税理士法人の山根です。

 本日は、私が関与させていただいている
お会社での月次監査でのお話をさせていただきます。

 そのお会社は材料の加工や卸売をしています。

 3月から大きな新しい取引が決定したことや
従業員さんが一人休みがちになられたことが重なり、
とても忙しくされていました。

 それまでは、在庫も毎月とられていたのですが、
お伺いすると、
「どうしてもそちらに手が回らなくなり今月は在庫数えれてません!」
とのことでした。

 そこで、対策として粗利率を元に逆算で在庫を概算で計算し、
報告させてもらいました。

 その概算在庫は社長の感覚とも合致し、
「大体、月の売上の2カ月分くらいなんでこんなもんですわ!
在庫とってなくて数字がぜんぜん見えてなかったんです。
ありがとうございます!」
とのお言葉を頂きました。

 毎月きちんと在庫をとるのが、
ベストな方法に違いないのですが、
緊急の対策として、そういった手法を用いて、
数字を見やすくするのも効果的だと改めて実感しました。

みなさんのご参考になれば幸いです。


関連記事

Noimage 税務

仕事のたな卸

Noimage 税務

新入社員・先輩社員合同研修

Noimage 税務

「時間をかけずに効率的に!年末調整セミナー」の講師

Noimage 税務

新春セミナーについてのお客様からの感想

Noimage 税務

内部統制監査の実施

Noimage 税務

25年後の会社の姿を合宿で共有

税務

税務調査の再開!国税庁より発表

Noimage 税務

御堂筋税理士法人のfacebookページの「いいね!」してくださった方が900人を超えました!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。