コンサルティングに強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の松本です。

先日監査にお伺いした会社で、
今期の決算見込みについて社長とお話していた時のことです。

このお会社は、メーカーですが、
今期は、今まで年間1~2台の受注だった製品について
量産に取組んでいます。

「今期は、量産に伴うクレーム処理費で
20,000千円以上の費用が発生していますから、
決算の数字は、予測よりかなり厳しいものになりそうですね。」と私。

それに対して社長曰く、
「確かに、今期のクレーム処理のコスト負担は、予想以上でした。
でもね、このチャレンジで得たものは、多いですよ。」

「と、いいますと」

「今までの国内の外注先では、この量産には対応できなかったので、
今回中国で新たに提携できる会社を見つけることができました。
このルートを活用すれば、コストダウンになる上、
さらに新たな製品の開発についての道筋も見えてきました。
社内においても、クレームの内容を検討し、
品質確保のためのマニュアルの改訂も進んでいます。
また、クレームに対して誠実に対応することによって、
お客様にも評価してもらい、さらにいい信頼関係が築けたと感じているんです」

社長のお話から、
社長が来期以降に対する手ごたえを感じているのは、
ひしひしと伝わってきました。

社長のお話を聞きながら、思い出したのは、
『問題は、チャンスである!!』というNLPの前提条件。

問題が、発生した時こそ、自分が成長する機会である。
私自身も、問題には、逃げずに誠実に取り組んでいきたいと思います。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所の松本でした。


関連記事

Noimage 税務

大きな忘れ物

Noimage 税務

第6回NHK講座~税金の仕組み②~

Noimage 税務

人材育成は企業成長の必須条件

Noimage 税務

香川でのファシリテーション1日研修

Noimage 税務

人の心

Noimage 税務

記憶に残る経営計画発表会

Noimage 税務

リーダーシップ研修スタート!

Noimage 税務

職場改善セミナー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。