御堂筋税理士法人 才木です。

見覚えのある方からのメールが1通。
その方は、今から3年前に急遽、私たちとの取組を中止して
疎遠となった会社のトップの方でした。

その取組中止は、私の力不足から招いた結果だと深く反省していた

お客様でもありました。

当時の取組について、取組メンバーのモチベーションは高く、雰囲気と

しては上々の評価だったのです。

しかし、結果つまり利益がそのモチベーションに反して伴わずに、業績不振

が続き、経営改善の取り組みも急遽ストップして、リストラクチャリングのフェーズに

突入した経緯であったからでした。

その会社のトップの方から、一度お会いしてお話しがしたいとのこと。


冒頭に、トップの方に改めて謝罪をさせていただきました。

「その節は、私の力不足で業績改善に至らず多大なご迷惑をおかけしました。

誠に申し訳ございませんでした。」

すると、トップの方は、

「こちらこそ、当時は私はじめ、取組姿勢やコミットメントが弱く、せっかくの

ご指導を成果に結び付けることができずに申し訳ございませんでした。」

とのお言葉で恐縮しました。

「あのあと、大きなリストラクチャリングを実行し、借入金についても

リスケジューリングも行い、かなりの痛みを伴いました。

今年いっぱいで、何とか危機的側面を脱しそうであります。

そこで、このままではダメだと思い、新卒社員採用の意思決定も
しましたし、
改めて新体制の幹部社員研修のご相談に参りました。」

と言葉を続けられました。


このお客様のことは、事あるごとに私の記憶が蘇り、いくらメンバーのモチベーションが

よくても、結果を伴わなければ意味がないのだという戒めの気持ちでいっぱいだったからです。

「成果を出すことは習慣である」というドラッカーの言葉が深く突き刺さっていました。
その後の私の仕事に対する考え方を大きく変えた出来事だったので。


トップの方は上記のような表現をしていただきましたが、

3年前からの変革内容と今後の目標をお聞かせいただき、

今回は、成果を出す習慣を創り上げることを副題として、必ず結果を出す組織

にするというテーマでの取組みを口頭でご提案させていただきました。

「改めてよろしくお願いします」
と快諾をいただきました。


次は、必ず結果を出すんだ!

つまり利益を一緒に創出するんだ!

お客様の利益が私たちの売上なんだ!

お客様の潜在能力を引き出すんだ!
と自分に言い聞かせました。

imagesCATV8LN2

私たちの使命

Solution & Accompany」は、

どちらかだけでもダメ。

お客様と共に解決し、
共に歩むことが必要なのです。


関連記事

Noimage 税務

誕生日

Noimage 税務

慰安旅行

Noimage 税務

サッカーと野球

Noimage 税務

PSSとコーチングの応用を用いた営業改善

Noimage 税務

製造業に関する社外研修に参加してきました。

Noimage 税務

経営のコックピット

Noimage 税務

キャリアアップ助成金

Noimage 税務

名工家職人勉強会の講師を務めました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。