コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所の松本です。

現在、あるお会社にて内部管理の整備の
お手伝いをさせて頂いています。

今まで、マニュアル・規定等の整備について、
すすめてきましたので、
今回は、会社におけるリスクの観点から
それぞれの業務を検証していくことになりました。

取組内容としては、以下のような流れにてすすめています
1.決算書の分析から重要な取引を選定
2.重要な取引についての業務プロセスを特定
3.各業務プロセスについて、業務フロー・マニュアル作成
4.各業務プロセスについてリスクの抽出とそれに対するリスク・ヘッジの有無の検討
5.残存リスクの確定

今回は、発注・検収業務について
担当者の方にヒアリングしながら業務フローを作成し、
リスクの検討をすすめました。

担当の方2名とリスク検討しながら、
発生の可能性のあるリスクに対して
会社のリスクヘッジがされていないものが特定でき、
それについては、その場で対策方法が検討されていきました

また、せっかく業務フローができたのだから、
無駄な手順についてもこの機会に、検討したいとおっしゃっていました。

内部管理システムを整備していくことは、
会社のリスクを網羅的に検証していくいい機会になると
あらためて思いました。

コンサルティングに強い 大阪 税理士小笠原/河原事務所の松本でした。


関連記事

Noimage 税務

組織診断

Noimage 税務

経営計画発表会&ワールドカフェ研修

Noimage 税務

議論の見える化

Noimage 税務

古都奈良へ

Noimage 税務

決算報告

Noimage 税務

考課者研修

Noimage 税務

本を読む大切さ

Noimage 税務

お彼岸