みなさん、こんばんは!
御堂筋税理士法人の中野でございます。

本日は最近私が読んだ松下幸之助さんの「人生心得帖」を紹介したいと思います。
 本書は、「心得帖」シリーズ(人生心得帖、社員心得帖、商売心得帖)のひとつであり、松下幸之助氏が自らの経験を基に、人間としての成功を掴むために必要と感じる事、物事の本質を記しており、人生の多くを占める「仕事」と「人生」についての心構えを説いている。
この度は私が特に印象に残った文章を抜粋して紹介します!!

・人間としての成功
 いくつかのテーマで人生を語られているが、その中で「天分」という言葉が使われている。「天分」とは、生まれながらに与えらえている才能や性質、身分という意味のようであるが、この自らの「天分」を見出さなくてはならない。そのため常に「自分にあたえられたものはなにか」「自分の天分とはなにか」を考えること、また素直な心をもつことが必要になる。お互いがみずからの天分を見出し、その発現に努力するとき、すべての人が成功し、すべての人が幸せになる道が開かれていくのではないか。つまり人にはそれぞれ「天分」があり、それを見出し、それぞれ一生懸命全うすることが人生の幸せにつながるということである。

・感謝の心をもつ
 感謝の心を忘れてはならない。感謝の心があってはじめて、物を大切にする気持ちも、人に対する謙虚さも、生きる喜びも生まれてくる。ひとは現在おかれている状況を当然としてとらえ、実にありがたいことであるにもかかわらずそれに気づかず、不平や不満を募らせている。

・日々の体験を味わう
 「百聞は一見にしかず」とあるが、見ただけではわからないことも多い。自身の体験を通して気付くことが多いのではないか。そのため体験の大小にかかわらす、成功と失敗とから成り立っている仕事の一つをよく味わっていくならば、一見平穏な日々の中で様々な体験を持つことができ、それらがすべて人生の糧となって生きてくる。

・熱意と誠意
 知識、知恵や才能などすべてが大事であるが、なによりも大事なのは、「熱意と誠意」である。これがあれば何事も成し遂げられる。

・続けること、辛抱すること
 成功とは成功するまで続けること。辛抱して根気よく努力を続けているうちに、周囲の情勢も変わって成功への道が開かれてくる。

この書籍をよみ、熱意と誠意をもって粘り強く継続することが大事であることを再認識できた
とともに、実行していかなければならないと強く感じました。
やはり偉大な方の言葉は、強く心に残りますね。
これからもさまざまな書籍を読んでいきたいと思います!!!

御堂筋税理士法人の中野でした! 

関連記事

Noimage 税務

伝える事のむずかしさ

Noimage 税務

仕事のたな卸

Noimage 税務

お客様が求められること

Noimage 税務

理念は社員を守るためにある!

Noimage 税務

問題は「チャンス」て゜ある

Noimage 税務

ドラマのある会議

Noimage 税務

夏休み

Noimage 税務

コーチング研修に参加しました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。