決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 伊東です。

本日は人材開発制度構築ゼミナールが開催されました

人材開発は企業にとって特別で重要な課題ですが、
中小企業で体系立った人材育成の方針や制度をもっている会社はほとんどなく
その時々の流行りであったり、気になっている内容のセミナーへ
つまみ食いで参加されることがどうしても起こりがちです。

そこで本セミナーでは、人材開発制度運用のために必要な、
①わが社の期待する社員のスキル要件の明確化(コンピテンシー)
②具体的な長期の社員育成プログラムとスケジュール
③社員のスキル一覧表
④年間スケジュールと予算
を整備し、自社にピッタリな制度を作成していくプログラムとなっております。

受講者の方々のセミナー参加の経緯についてお聞きしたところ、
・今まで人材育成がされていなかった
・事業計画策定をきっかけに研修にその都度参加していたが
 計画的にやらなければいけないと感じた
・体系的な資料はあったが実行できていなかったので実行できるものをつくりたい
などの意見が挙がりました

第一回目である本日の内容は
「わが社の期待する社員像を考えるコンピテンシ―表の作成」でした。
人材開発制度整備の出発点は、わが社の社員として期待される
コンピテンシーを明確化することです。

そこで1日かけて営業など代表職種を決め、コンピテンシー表を作成するための
基となるイメージを作成していただきました

本日出来上がったイメージが
どのようなかたちでコンピテンシー表になるのかが楽しみですね

決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 伊東でした。


関連記事

Noimage 税務

機材繰りの影響のため欠航??

Noimage 税務

初めての出張

Noimage 税務

企業再生専門コンサルタントのお話し

Noimage 税務

経営計画発表会&ワールドカフェ研修

Noimage 税務

25年後の会社の姿を合宿で共有

Noimage 税務

雇用調整助成金

Noimage 税務

人事考課面談

Noimage 税務

ファンを作る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。