決算書分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 松本 です。
3月より
人事制度策定のお手伝いをさせて頂いている社長様と
事務所にて人事評価について打合せをしました。

 

人事制度の見直しということで、

①現状の給与水準について検討

②新しい賃金テーブルの設計

③新給与の決定

④給与の5ケ年のシュミレーション

とすすめて、“人事評価制度”について検討する段階になりました。


当初は、等級別・職務別に
細かく設計していこうと考えていましたが、

社長曰く、

「こんな細かいのは、しっくりこない!! 」

まして、
「等級別に設定してしまうと、
まだまだのびしろがあるのに、
ここまででいいんだという発想になってしまう。
また、等級以上のパフォーマンスをしている人間を評価しづらい」

ということでした。


そこで、

「社長が営業マンに期待することは、何ですか?

社長の考える売れる営業マンのポイントは何ですか?」

 

というようなやりとりの中で、
色々出てきた

キーワードを要約していくことに。

人事評価キーワードを考えながら、
社長がおっしゃったことは

「これができている組織は、むっちゃ強いなあ」

ということ。

 

オリジナルな評価制度ができそうです。
決算書分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 松本 でした。


関連記事

Noimage 税務

お客様での取組み事例

Noimage 税務

目の前の課題と中長期の課題

Noimage 税務

工務店工務部の業績向上委員会

Noimage 税務

相続税の増税の影響

Noimage 税務

人の成長

Noimage 税務

目からうろこの決算書の見方講座 第4回

Noimage 税務

恥ずかしい・・・

Noimage 税務

人材開発センターの新企画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。