コンサルティングに強い 大阪 御堂筋税理士法人 才木です。


お客様との経営会議。

経営のコックピットでの状況確認。

まずは、儲けのカーナビで先月までの業績確認と

今月以降の業績予測そして決算見込みの確認です。


今期の業績は非常に好調!

BtoCビジネスである当社は、売上の増減の波が激しく

1月、2月そして8月はこれまでほとんどの年で残念ながら
赤字月になって
いた場合が多かったのですが、何と今年は、
この鬼門月を
全て黒字月で終了することができました。

今までは、この3ヶ月の赤字を他の月で補填しながら、

最終利益を計上していました。


今年度もあとわずかですが、12ヶ月全勝でのゴールインは

目前でミーティングも盛り上がります。


ということで、話は経営のコックピットに戻します。

経営のコックピットは大きく2つに区分されており、

一つ目は、上記記載の通り『儲けのカーナビ』で財務諸表の

実績+予測で構成されています。

もう一つの区分は、その結果をつかさどるビジネスプロセスの

全体像そしてその活動状況を示す実績データです。

ちょうど、氷山のようなイメージですかね?





外から、見えているのは財務諸表部分ですが、実際は、

その会社のビジネスプロセス全体で起こっていることが

基盤となり一体を構成しているという意味での比喩です。


このコックピットの活動項目で当該会社でも前月にある
ルートから受注が
目標値以上に好調であることが判明。

そのルートの全体像を調査するように幹部の方に依頼しました。

これは、ドラッカーのいう『機会に焦点をあてる』という原則です。

『予期せぬ成功を追求する』思考方法です。

そして、その報告を頂きました。

その紹介元会社の売上実績は、昨年対比なんと233%増!

その紹介元会社の売上のうち、自社に依頼いただいた部分(インストアシェア)は

昨年度26%に対して、今年度17%とシェアダウンであることが判明。

自社の情報では、昨年対比オーバーですが紹介元企業での売上の伸びに対して

前期ほどのシェアを獲得できていないということです。

その理由については、

1.  前年度はある程度差別化できていた顧客へのアプローチ法が陳腐化してきた。

2.  前年の受注単価に比して今年度の受注単価が下がっている。

⇒つまり、高単価商品クロージングが弱くなっている。

という二つの仮説が挙げられる。

どちらにしても、ライバル分析が必要ということで、次月までにライバル分析を

実施するという約束をしていただきました。


まだまだ、伸びるルートだったのです。

しかし、あまり集中し過ぎるのもリスクが高くなるので、そこは要検討。

まあ、どちらにせよ、業績のいい時のミーティングは盛り上がりますね!


コンサルティングに強い 大阪 御堂筋税理士法人 才木でした。

 

 

 

 

 

111028981

 

 

 


関連記事

Noimage 税務

営業管理者向け財務初級研修in札幌

Noimage 税務

25周年記念パーティー

Noimage 税務

発見!コストの可視化

Noimage 税務

税理士試験がおわりました

Noimage 税務

本年度の振り返り

Noimage 税務

NHK文化センターでのセミナー

Noimage 税務

グランドオープン

Noimage 税務

事業承継対策の立案

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。