決算書分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 松本 です。

週末に中期計画策定
キックオフミーティングに小笠原と参加させて頂きました。

部署の違うメンバー同士のコミュニケーションの場にとの
社長の希望もあり、今回は、全社員参加にてすすめることになりました。
東京のメンバーはテレビ会議システムを使っての参加です。

キックオフということもあり、
午前中、小笠原が中期計画策定にあたって以下のお話をさせて頂きました。

◆企業とは?
・企業とは社員の智慧で、もの・金を顧客価値に転換していくプロセスである。
・将来のために考えるべ課題。
-マーケティング:かってに売れるしくみ
-イノベーション新商品開発

◆なぜ中期計画が必要か?
・住んでいる池(業界)は変化していく、その変化に適応していくものが生き残る。
・将来は、どうなるか分からないが、変化してからでは遅い。
仮説を立て今取り組むべきことを意思決定し、役割分担し検証していくことが必要である。

◆基本課題は何か?
・事業の再構築が必要か⇒新商品・チャネル開発レベルか⇒オペレーション改革レベルか
・事業を定義する
-顧客は誰にするか
-そこにおける卓越性は何か

社員の方の一人が
「今までこのままではいけない
と何となく感じていたことが
具体的なものとしてみえてきました。
みんなでわが社の将来をつくっていきたいです。」
とおっしゃっていました。

弊社の人材開発センターの
9月スタートの『経営計画策定』のプログラム
の第1回にて確認しておきたい内容だと感じました。

決算書分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 松本 でした。


関連記事

Noimage 税務

新たなる「将軍の日」

Noimage 税務

Access難しい…

Noimage 税務

相続対策ミーティング

Noimage 税務

組織の土壌を耕すには!!

Noimage 税務

食べるラー油

Noimage 税務

コーチングという技術

Noimage 税務

もてなし上手

Noimage 税務

確定申告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。