コンサルティングに強い 大阪 小笠原事務所 才木です。

『振り返り』という行為は非常に重要。
PDCAという管理サイクルでいう
チェック→アクションの部分です。

私たちが推奨している経営計画でも
もちろんこの振り返りが重要となります。

経営計画の振り返りは、1年の総決算。
そこで、デービットマイスター流の振り返り
のご紹介。

1.1年前に比べ、今できるようになったことは何か?
2.1年前に知らなかったことは何か?
3.どのようにして現在の状態になったのか?
という3つの質問だそうです。

その真意を理解していただくために、原文をご紹介。

「我々が何であるかということは、我々が何を経験したか
によって決定される。経験は、我々が何をしたかによって
決定され、何をしたかとは、我々が何を学んだかにより
決定され、学んがことは我々が事象をどう解釈したかに
より決定される」

つまり、個人の成長とは、自分が何をしたか、そこから
どんな教訓を引き出すことに努めたかを顧みることにある。

ついつい省略してしまいがちな『振り返り』・・・。
早速、マイスター流の『振り返り』を実践してみよう!
プロフェッショナル・サービス・ファーム―知識創造企業のマネジメント

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。

関連記事

Noimage 税務

まず真似してみる

Noimage 税務

弊社のニューズレター「御堂筋タイムズ」

Noimage 税務

三菱UFJコンサルティングさんでの女性経理担当者セミナー

Noimage 税務

後継者経営大学

Noimage 税務

京都の材木店セミナー

Noimage 税務

できない理由を話す人

Noimage 税務

日本の技術力を衰退させないためには・・・

Noimage 税務

今年最後の『将軍の日』

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。