005コンサルティングに強い 大阪 税理士  小笠原/河原事務所 園田です。

今日は、お客様と食事をご一緒させていただきました。
社長のお会社は、神戸でアナゴの卸売業をされています。
社長と専務と3人です。

向かった先は、神戸の新開地にあるお寿司屋さんです。
社長は、常連のお客様らしく、寿司屋の大将とは名前で呼び合う仲です。

カウンターに案内され、目の前のショーケースに並ぶ魚や貝を選びます。
私は、目をぎょろぎょろさせて選らんでいると。。。

「蒸し穴子と穴子!」
専務の元気の良い声が響きました。

そうです、そうなんです。
専務は、いつも自社の商品である穴子のことを考えています。
だから、お寿司屋さんだったのです。
いつも、自分自身の体にアンテナを張っておられるのです。

当たり前のことかもしれませんが、私は改めて衝撃を受けました。

食事を終えた後、
「毎日、自分自身は体にアンテナを張れているのだろうか?」
「当たり前のことができているのだろうか?」
自分自身にそのような質問を投げかけました。

良い気付きを頂きました。
毎日、この質問を自分に投げかけていきます。

ありがとうございました

コンサルティングに強い 大阪 税理士  小笠原/河原事務所 園田でした。


関連記事

Noimage 税務

なぜ走るのか?

Noimage 税務

「信頼される社員になるための基準行動講座」第1回

Noimage 税務

体が重い

Noimage 税務

合格祈願のお墓参り

Noimage 税務

損益計算書思考から脱皮したい

Noimage 税務

脳みそフル回転

Noimage 税務

お客様に聞く

Noimage 税務

自動車整備業界のマーケティング戦略の考え方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。