皆さんこんにちは。

組織デザイン研究所の小笠原です。

 

欧米の伝統的大企業でいま、

人事にアジャイル手法を採り入れる動きが

出てきているとの記事を読みました。

 

このアジャイル人事について

2部構成でご紹介させていただきます。

 

そもそも「アジャイル」とは?

こちらをご参照ください↓

https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/column/01_agile.html

 

従来のスタイルが「ウォーターフォール型

新しいものが「アジャイル型」というわけです。

 

この考え方を人事・評価制度におきかえるとどうか?

 

「ウォーターフォール型」における人事

①年次の目標管理制度

②全社共通の評価基準

②相対評価によるランク付け

 

「アジャイル型」における人事

リアルタイムのフィードバック

②チームに応じたKPIの設定

③個々人の成果やチームへの貢献度に応じた絶対評価

 

という感じです。

 

このアジャイル型人事はどの組織でも

当てはまるかというと、そうではありません。

 

アジャイル型が成り立つには

下記のような条件が必要だそうです。

トライ・アンド・エラーが許容される

②短期間で成果を可視化できる

最大20人の単位でチームが成り立つ

 

例えば、弊社には約20名の

税理士&コンサルタントが在籍しております。

 

自由な風土で、やりたいことはやらせてもらえます。

そして失敗大歓迎!ただし復帰してねといった感じです。

 

目標管理は、上期・下期の半期ごと

目標管理シートでチームごとにKPIを設定しており

それを毎月の会議で共有しています。

 

組織はマトリクス型です。

縦軸は3つの課で構成、

横軸は5名程度のプロジェクトチームが5つほど。

 

ということで弊社のような組織では、

アジャイル型は適用できそうですね。

 

次のブログでは、アジャイル型人事

導入ステップについてご紹介させていただきます。

※「アジャイル人事を導入するには?」はこちらから

関連記事

コンサルティング

アフターコロナでのテレワーク

Noimage コンサルティング

評価者研修の事例

Noimage コンサルティング

テレワークで始める働き方開拓

Noimage コンサルティング

ママの4月病対策

Noimage コンサルティング

新メンバーの紹介です

Noimage コンサルティング

アジャイル人事を導入するには?

コンサルティング

電子契約の活用

Noimage コンサルティング

"エンゲージメント"によるマネジメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。