大阪 税理士 小笠原/河原事務所 才木です。

お得意先のY社長との会話の中、

 

社長『経営者にしても、営業マンにしても、

  できない理由を話しする人は成功しないと思うんやけど

 

私『ほんまですね!』

 

社長『そやろ!採用面接のときなんか、面白いよな。

  採用面接で前職を退社した理由を聞くと、

 

  「僕は、営業の中でもがんばっていたと思うのですが、

   上司の方と相性が悪くて・・・・」

  とか、

  「前職の業種は、斜陽産業であり、また景気の悪い関西の企業で
  あることに
気づいて退社しました」

 

 できない理由を言う人には、魅力を感じられへんな!

 

 経営者にしても営業マンにしても、達成すべき状態に何とかしよう
 という想いを持った人間しかこれからは、生き残れないと思うねん』

 

 

おっしゃる通り

 

今週の自分の行動を振り返り、反省すべき言動や行動がいくつか思い浮かびました

 

 

できない理由を考えている時点で、できない状態を認めていることですもんね。

 

『何とかして達成する』

 

 

あれっ?この言葉、どこかで訊いた響き??

 

 

そうそう、昨日の終日研修で小笠原さんが

 

Managementmanageという動詞の意味は【何とかして実行する】という意味と理解したらいいと思うよ』と教えてもらいました。

 

そうですね!何とか目標達成できる人、それがマネージャーですね。

 

税理士 小笠原/河原事務所 才木でした。

 

 


関連記事

Noimage 税務

ご褒美と満面の笑顔

Noimage 税務

自分たちで研修プログラムを考える

Noimage 税務

相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である

Noimage 税務

浮上のきざし

Noimage 税務

父の日のプレゼントをもらいました。

Noimage 税務

人材育成制度策定セミナー

Noimage 税務

財務に強い経営者

Noimage 税務

電話応対セミナー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。