コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 香取です。

先日あるお会社のニーズヒアリングにお伺いした。

1.固定資産の管理をどのようにしていけばいいか
 →固定資産の出入りが多い業種だったので。

2.債権管理をどのようにしていけばいいのか
 →現金を扱う御商売で債権の管理があまり得意ではない

3.経理部として各会社の社長に対して経営判断できるような
 気づきのある資料や説明をしたい。
 →経理部はホールディングスで子会社としてさまざまな
  業種を手掛けている。

まず、固定資産の管理に関しては徐々にコンピューター管理を
するようになり、進んでいっているとのこと。
2つめの債権管理まだ手つかずとのこと
3つめ現在は月次決算は〆後5日程度で完成できる精度まで
進んではいるが過去データのため結果のみの報告になっている。

われわれとして業績管理資料を作成するため
各業種(10業種程度手掛けておられる)の業務プロセスを改めて検討し、
損益予測、業務プロセスにおけるKPI(業績評価指標)を設定して
毎月管理し今後の方針を考えるミーティングを行ってはいかがかと
ご提案させていただいた。
(※業績管理資料のことを弊社ではコックピットと呼んでいる)

お客様はまずは問題のある業種に絞ってスピード感をもって
取り組みたいとのことであった。
取組の内容としてはマネジメントに必要な重点管理項目は何かを
洗い出し、それに対する数値目標を設定する。
毎月その重点管理項目に対する数値を管理しボトルネックを見つけるなど
なにかしら次月に行動できる目標が明確になればOKである。

あとはその業種を担当しているトップの方がどのように行動するか
どのように行動したかをチェックするPDCAサイクルにのせるだけである。
そして業務プロセスを洗い出す中で債権管理の仕組みも見直し
マニュアル化し管理体制も整えていくことが必要だと考える。

やると決めたことは確実に実行され、
漢字二文字で表すと『徹底』という言葉がしっくりくるお会社なので
内容と方向性をしっかり示せばあとは回っていくに違いないと感じている。

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 香取でした。

 

関連記事

Noimage 税務

先日の決算報告

Noimage 税務

経理の仕組み作り②

Noimage 税務

今週の活動の振り返り

Noimage 税務

感情の切り替え

Noimage 税務

第1回会計事務所甲子園を終了して

Noimage 税務

新入社員NO1研修~若手・中堅社員編~

Noimage 税務

ポジティブに行動する

Noimage 税務

新鮮な商品をお届けする。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。