コンサルティングに強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の松本です。

テレアポの営業で、ある会社にお伺いさせて頂きました。
このお会社への訪問は、2回目。

初回訪問時に、ニーズ確認させて頂くなかで、
現在の税理士の先生は、決算の際にも申告書を作成するだけで
決算書の内容についての説明がなく、
自社の問題点についてよく分からない。

とのことだったので、
弊社の『経営の診断書』による決算書の分析をご提案し、
今回の訪問となったわけです。

初回は、経理の責任者の方からのヒアリングのみでしたので、
今回は、社長様にも同席して頂き、『経営の診断書』による分析結果のご報告。

社長様以外にも、営業の責任者の方も同席頂いたので、
経理の責任者の方も含め
3名の方に対して報告させて頂くことになりました。

が、この3名の方のタイプが・・・
■社長・・・体感覚優位/サポーター
■経理責任者・・・視覚優位/プロモーター
■営業責任者・・・聴覚優位/アナライザー

とバラバラ。

ご説明をしていると、
話に対して反応してくれるのは、社長以外の2名の方。

社長に質問しても、
答えてくれるのは、社長以外の2名の方。

最初は、社長へのペーシングを考えながら、
お話していたのですが、気付くと
元来の自分のタイプもあり、他の2名にペーシング。

社長のニーズを確認するどころでは、ありませんでした。

こんな場合には、やはりキーマンにペーシングするべき?
まだまだまだ、修行が足りません!!

コンサルティングに強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の松本でした。


関連記事

Noimage 税務

大学の授業

Noimage 税務

コンピテンシーを知る

Noimage 税務

課題の優先順位

Noimage 税務

毎年進化する経営計画

Noimage 税務

卒業旅行の計画をロジカルに考える

Noimage 税務

高校生

Noimage 税務

求人活動開始

Noimage 税務

見積もり後の高いですね!にどう対応するのかを準備する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。