コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。


今日は、工務店好業績化プロジェクト第5回に参加しました。

4月からスタートしてちょうど半年が経ち上期が終了。

当初の目標である経営のコックピットを使った経営管理者に

よる経営の目標自己管理サイクルの確立についての総決算です。


ドラッカー博士がいう目標管理制度は、

『自分が打ち立てた目標に対する自己管理』とおっしゃっています。

自分がやりたい!達成したい!目標に対しての自己管理なのです。

したがって、与えられた目標からはドラッカー流目標管理はスタートしないのです。


さて、コックピット自体に表現されている情報の精度は
格段上達していると感じています。

そして、コックピットでの経営結果数値の原因となる行動資料が
『販売促進フレームワーク』これは、前半3ヶ月で作成して、過去の
受注情報や目標設定情報からどのようにして目標達成できるのか
を論理的にストーリー化したものです。

そして、改善活動自体を計画し振り返る『目標管理シート』です。

あと、接点を持てたお客様に対するフォローをチェックすべく、
『見込み客進捗管理表』により、スタッフの行動をチェックするとともに
全社で1案件に衆知を集める資料として必要です。

ということで、

1.  経営のコックピット

2.  見込み客推進管理表

3.  目標管理シート

4.  販売促進フレームワーク

のこの4つの資料が工務店の販売という側面から見た必要

資料であるとの結論にいたりました。

※工事利益管理、工程管理分析については今後のテーマです。


そこで、半期を振り返って、前半に計画した販売促進フレームワーク

とのかい離をチェックして改善策を考えることを次回までの宿題と

させていただきました。


6社とも課題はまちまちですが、着実に実力値は上がって

いると実感できた会議でした。


コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

ツリーハウス

Noimage 税務

本山塾にて

Noimage 税務

健康診断

Noimage 税務

小売業の極意

Noimage 税務

金融機関とのお付き合い

Noimage 税務

幽玄の世界へ

Noimage 税務

埼玉出張

Noimage 税務

経営計画発表会