こんにちは、御堂筋税理士法人の高岡でございます。

 

 

弥生会計がどんどん便利になり

経理業務の負担を軽減できるようになってきているので

それをご紹介しようと思います。

(タイトルがスパム広告みたいですが…)

 

スマート取引取込利用前は300分:銀行通帳記帳、証憑整理、伝票入力、入力内容のチェック スマート取引取込利用後は銀行データは自動取込・レシートはスキャンするだけ・初回に正しい勘定科目を選択すれば、学習機能により次月からは完全自動化。30分:伝票スキャン15分、入力結果チェック14分、銀行明細自動仕訳1分 最大90%短縮

 

 

 

私がいま活用していて便利なのは大きく2つ

1.スマート取引取込

2.弥生ドライブ

です。

 

どちらも保守サポートに加入していれば

利用できるサービスです。

 

 

1.スマート取引取込

 

 

スマート取引取込は、今やクラウド会計では

メジャーの自動仕訳取込です。

 

インターネットバンキング等の預金を

会計システムと連動させて、仕訳を自動で取り込んでくれます。

 

便利な点は3つ!

 

①入力時間の大幅な短縮!

②預金の残高が勝手に合う!

 (金額のうち間違えなどがなくなります!)

③学習機能で仕訳を覚えてくれる!

 (過去の仕訳を基にAIがどんどん学習していってくれます)

 

弥生の預金連動は、すこし前まで

マネーツリーというアプリを経由する、学習機能はない…

などの壁があったように記憶しています。

 

ここ半年ほどで、すごく進んでいます。

 

 

 

難点は、現時点では取り込み時点では部門を設定できないことです。

今後、対応を検討していただけるとのことです!

 

 

 

2.弥生ドライブ

 

 

弥生ドライブは、お客さまの月次監査で

会計データをチェックする際に使っています。

 

 

みなさんは、

「最新の弥生データはどれ…?」

「複数人で会計データを共有できないか…?」

「決算業務で税理士が計上した仕訳と、進行期の入力を

くっつける作業がめんどくさいし不安…」

「今入力した仕訳を、税理士に確認したいけど

最新のデータをどうやって送ればいいの…?」

 

など会計データそのもので、困ったことはありませんか?

 

 

 

弥生ドライブは、ドライブ上に会計データを格納するサービスです。

 

 

経理担当者と担当税理士でサーバーを共有し、

そこに弥生データを入れておくイメージです。

 

 

常にお互いが最新の会計データを共有しているので、

仕訳の質問や、遠隔の監査など

あらゆる点で便利になったと感じます。

 

 

システムの進歩で、自動化・効率化できる範囲は

どんどん広がっています。

 

そして弥生の何よりの利点は、

便利な機能が多いこと、操作性の良さ!

 

 

経理業務の負担が大きくなっている…

空いた時間で他の業務をしたい!

など経理業務の効率化をお考えの方は、是非一度ご相談ください!


関連記事

Noimage 税務

魔法の面談研修フォローアップ

Noimage 税務

女子会でやる気を高める!

Noimage 税務

備えあれば・・・

Noimage 税務

コーチングセミナー

Noimage 税務

情報交換会

Noimage 税務

社員育成プログラムの設計

Noimage 税務

年に一度の

Noimage 税務

資金繰り予測と実績との差異をなくすには?